ホーム>BLHブログ>臨床研究結果>ステージⅣ進行再発大腸癌、乳癌患者に対し修正MCTケトン食による6か月間の安全性と有効性の評価
臨床研究結果

修正MCTケトン食による6か月間の安全性と有効性の評価

2017年1月14日、第20回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)において、「ステージⅣ進行再発大腸癌、乳癌患者に対し修正MCTケトン食による6か月間の安全性と有効性の評価」について、弊社が支援するがん専門医古川医師の臨床研究の結果が発表されました。

発表の概要は、以下の抄録をご参照下さい。

第20回日本病態栄養学会年次学術集会発表-抄録

ステージⅣ進行再発大腸癌、乳癌患者に対し修正MCTケトン食による6か月間の安全性と有効性の評価

(公財)東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 1)外科 2)栄養科
古川健司1)、星 博子2)

【目的】
がん細胞の栄養代謝は、グルコース・トランスポーターを増やし、正常細胞と比べて数倍〜数十倍ものブドウ糖を取り込んで消費しているため、がんの栄養療法としては、糖質制限が有効となる可能性がある。

今回、我々は抗癌剤併用でのがんに対する糖質制限食として、消化器症状を抑えるためMCTオイルの少ない修正MCTケトン食を導入し、当院の倫理委員会の承認の元、抗癌剤併用での安全性と有効性を調べた。

【方法】
対象は、標準治療で増悪となったステージ4進行再発大腸癌、乳癌患者。ケトン比が1.4:1になるような修正MCTケトン食を月1回病院で栄養指導を行い、6カ月実施することで、腫瘍マーカー、腫瘍のサイズ、栄養状態、血中総ケトン体、EORTC QLQ-C30でQOLの評価を行った。

【結果】
13名(大腸癌11名、乳癌2名)が臨床研究に参加。6か月間実施し、がんの進行により2名死亡、イレウスで1名、MCTオイルの下痢で1名中止した以外、栄養障害による中止はなかった。

腫瘍マーカーが上昇した症例は3例で、腫瘍が増大した症例もその3例であった。アルブミン値は、実施前4.11g/dlで、6カ月後4.15g/dlで低下なく、体重減少も開始後3カ月で、-4.5%で有意な減少を認めたが、6か月間では-6.0%で、3カ月以降は有意な体重減少を認めなかった。

QOLに関しては、開始前43.5、6か月後41.6とやや改善し、1名で著明な改善が認められた。治療効果は、手術により1例CRとなり、RECIST基準で、PR6例、SD3例、PD3例で、奏効率53%、病態コントロール率77%であり、がんの縮小は、血中ケトン体値に相関(p値=0.076)が示唆された。

【結論】
修正MCTケトン食は、抗がん剤治療との併用でも、6か月ではあるが、安全でQOLを維持できる食事療法であり、がんの縮小は、血中ケトン体値に相関があると思われた。

 

 

臨床研究発表内容を御覧になったご感想をお聞かせ下さい。
今後の参考にしたいと思いますのでよろしくお願い致します。

お名前

ニックネームでも可能

メールアドレス

※確認のため2度入力してください。

報告のご感想は?*
読まれた理由は?*
ひと言

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blh.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/46

取扱い商品はこちら