ホーム>最新情報>新商品の案内>ライフ周波数活用ツールで便利にライフマシンを使いこなそう!
新商品の案内

今、注目の「ライフ周波数」活用ツール

【ライフ周波数とは】

ここ数年前から、「ライフ周波数」がネット上で注目されてきています。そもそもライフ周波数とは、米国のロイヤル・レイモンド・ライフ博士(Royal Raymond Rife1888-1971)の名前からきています。

ライフ博士.jpg

ライフ博士は1920年頃、生きたウィルスを見ることができる光学顕微鏡「ユニバーサルマイクロスコープ」(Max60,000倍)を開発して、特定の周波数の光を当てることによって「ウイルスが共鳴発光する」(ヘテロダインと呼ぶ周波数変換技術)を発見しました。

ドイツの物理学者でノーベル賞受賞したマックス・プランクは1900年「光は粒子であり。同時に波である」、「すべての分子は固有の周波数で振動している」ことを見つけました。その約20年後にライフ博士は、実際に周波数を利用した顕微鏡で見えないウィルスを確認したことになります。

病気の原因である病原体(微生物)は、振動数(波長)に共振する周波数を強くしていくと、遂には耐え切れなくなって破壊されることが実証されています。これは、ある音波(歌手の声帯・声域)によってワイングラスが破壊する事例や、特定の周波数で水の流れが曲がって流れる現象からも、周波数(音波)の想像以上の威力が確認できます。

ライフ博士は圧倒的な倍率を誇る顕微鏡を通して、通常では見ることのできない微生物が活発に細胞組織を侵食していく様子を観察したり、そのウイルスを破壊する方法(同じ共振・共鳴の原理)を開発したのです。

「病原体が病気の原因であること、病原体が治療に致命的に関わっていること」の研究結果に凝縮されたものが「ライフ周波数リスト」として、現在ネット上で注目され話題を呼んでいるのです。ライフ博士について詳しいことは、以下のYouTube「抹殺されたガン治療」やサイト「誰も知らない偉人伝」で紹介されています。

Dr.レイモンドの抹殺されたガン治療
「がん治療、西洋医学の常識を覆した男」

【ライフ周波数リスト

公開されたライフ周波数リストは、英文や日本語訳があり、病名は現在約3,500件に上っています。ネットからダウンロードすれば簡単に利用できます。
 
■ ETDFL: バイオ共鳴はびこって機用の英文周波数リストのURL
     http://rifedigital.com/wp-content/uploads/2017/08/ENGLISH-ETDFL_2017-2018.pdf

■ 日本語でバージョン 2017-2018
 Rife and Zappers Blog Rife and Zappers Blog   のURL
   http://rifeandzappers2.com/japanese/

「ライフ周波数リスト」の原本は、もともと英文で一般人ではとっても手に負えません。病名や疾患名は医療専門用語なので、たとえ周波数リストが日本語訳であっても、探している病名が本当にマッチしているかどうかも分からないケースもあります。

「ライフ周波数」によるライヒングの体験事例は豊富でも、実際に使った方で思うほど期待できなかったという人もいます。その場合は選択した周波数が合ってないことが多いようです。本当のことは実際には試してみる以外ありません。

これらの「ライフ周波数リスト」の内容は、広範囲で多岐にわたる病名が多いので、最初はどれを選んで良いか迷うことがあります。特に慢性化した病状の効果的なセルフケアを行うためには、周波数(通常10個/病名・疾患)の選択だけでは十分とはいえません。
 
ライフ周波数を提供している会社の情報や実際に使用している治療家、医師などのサポートも大切になります。このような事情もあって「ライフ周波数リスト」がうまく活用することができない利用者も少なくありません。

【ライフ周波数活用ツール】

もっと便利に効果的にライフ周波数を使いたいという方には、体験談や失敗談、医師などのアドバイスなどが致命的に大切です。一般的に「ライフ周波数」は、慢性よりも急性の病気や疾患でしかも病名がハッキリしているものに即効性が認められています。
 
しかし、病気が長引いたり慢性化した方には「ライフ周波数」のより有効な使い方が必要になります。病状の選択、グループの組み合わせ、使用順序や病名内容の補足や注意点などメモ欄に保存しておくと便利だったりします。簡単にメモが残せる仕組みやその内容がいつでも引き出せる機能はパソコンなら自由にできます。
 
ネットからダウンロードできる「ライフ周波数リスト」をご利用の方で、検索や選択に苦労している方、使い方について不便を感じておられる方に「ライフ周波数活用ツール」はお役に立てると思います。
 
ご家庭では一人ひとりの健康促進・健康維持に、自分の健康は自分自身で守る「セルフケア」が求めれています。21世紀の健康づくりの一環として「ライフ周波数」を利用した健康対策は、世界的にも注目され存在感が高まってきています。
 
さらには本格的なバイオレゾナンス機である波動測定器レヨコンプPSシリーズ、ニュースキャンやメタトロンによる波動診断・調整にプラスして、「ライフ周波数の利用」は、ウィルス、細菌や寄生虫、毒素などの解毒をはじめ、身体の不調和を改善する一環として注目されています。
 
ライフ周波数データ活用ツール(単票画面)
 
「ライフ周波数活用ツール」にご関心のある方は、こちらの 「ライフ周波数活用ツールの使用例」もご参照ください。
 
ライフ博士の扱う周波数と似通った機器には、任意の波動形態を発生させる装置「AWG(Arbitrary Waveform Generator)」があります。AWGは松浦優之博士を中心に日米が共同開発したもので、世界各国に特許出願済の治療器です。国内では治療家や自由診療の医師が主に使用しています。AWGは病状に応じて約300種のコードを選択できますが周波数は分かりません。装置価格は高いもので数百万円もします。
 
このAWGに比べると十分の一以下と安価な可愛いオモチャ「ライフマシン(ライフデジタルき)」は、私たちにとってちょっと背伸びすれば身近な存在になりました。ライフのオモチャで「ライフ周波数リスト」を使いまわす?ことで健康の不安要因が軽減できたり、解消されれば最高です。
 
食習慣をはじめ、暮らし方を改善しながら、「ライフ周波機のおもちゃ」で家族みんなで楽しく遊んで健康に過ごせることを願っています。
もっとライフ周波機のことを知りたい方は、こちら「家庭でできる癒しのオモチャ!ライフ周波機とは?」をご覧ください。
「ライフ周波数活用ツールとオモチャ」はこちら↓↓↓からお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.blh.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56

取扱い商品はこちら