ホーム>今なぜ、アーシング

今なぜ、アーシング

アーシングこそ健康の要!「なぜ、アーシングなのか?」

母なる大地とのコミュニケーション!

アーシングとは、素足や素手で直接大地に触れることで、大地の自然なエネルギーをカラダに取り入れ、あらゆる不調を癒し健康を取り戻す最も簡単で、お金のかからない安心安全の健康法です。

健康~美容~安眠~癒し

      
アーシングBOOK101

絵入りで分かりやすい入門書
定価:500円(税込)

20171119183342.jpg

私たちは電化製品に囲まれた環境の中で、電磁波に包まれて日々過ごしています。アーシングは、この電磁波を体外に放出し、大地の自由電子(パワー)をくみ上げるという好循環の流れを作り出します。

  自由電子の無限の宝庫である地球と電子によってつながることで、電子が体全体に行き渡るのです。地球のエネルギーに制限はありません。

人間も含めて命あるすべてのものは、足や根でその地面からエネルギーを得ています。足裏には、体の他の部分とは比較にならないほど、末端神経が集中しています。
なぜ、足裏なのでしょうか?
それは、地面と裸足で接続させるためであり、物理的に地球と私たち人間をつなぐための「天の配慮」なのかも知れません。 

遠い昔から、人類は足裏を通じて地面と接していました。 母なる大地とのコミュニケーション(アーシング)は、これまで考えても見なかった健康になるた めの「気のエネルギー」を無償の愛で提供してくれる素晴らしい地球のヒーリング パワーを全身で受け止める唯一の方法にほかなりません。体を癒すことができる大地は、人知を超えた最高のセラピリストなのです。

なぜ、アーシングなのか?

土の上をゾウリなどで歩いていた時代は、たまった静電気は自然に足から地面へと放電されていました。しかし、現代のようにプラスチックや化学繊維、電化製品が増え、靴をはいたままで土と触れない生活環境では、自然放電(アース)しづらくなり、よりいっそう静電気をため込みやすくなっています。

私たちの体は、電気を通す伝導体です。プラス電子が体内に蓄積すると、酸化現象によりカラダは錆びやすくなり、老化が進みます。このプラス電子を大地に流すと同時に、大地(地球)につながることで、地球の自然なエネルギー(自由電子)が充電できるのです。

自然現象と酸化

電気の流れを電池に例えると、プラス極からマイナス極へ流れます。そして、エネルギーを消費して電池は消耗し、残量が少なくなっていきます。電流が流れ続けると私たち人間も、電池と同じように身体機能のエネルギー消費により、からだを酸化させ、老化・炎症・疲弊、過労の蓄積で自然免疫力が低下することになります

自然現象と酸化の仕組み人間をはじめとする動植物(生体)、金属、あらゆる形あるものに付帯している電子の流れは、マイナス極からプラス極となっています。すなわち、生体内では還元力を持つ「陰イオンのマイナス電子」が、体を老化させ、炎症を生じさせてしまう「陽イオンのプラス電子」に奪われています。

この酸化現象は、自然現象であって誰も変えることは出来ません。このように絶えず、マイナス電子からプラス電子に流れる酸化現象は休むことなく、カラダには常に起きています。人間は電子(生体磁気)を失うと病気になり、電子(生体磁気)を得ると再び元気になるのです。

電磁波とストレス社会

私たちは生きているだけでも、年々老化しています。これは誰も避けることはできない自然界の掟です。電磁波は、その老化をさらに進めています。

家庭内にはさまざまの電磁波に囲まれています。身近にある電子レンジ、電磁調理器(IHクッキングヒーター)、エアコン、洗濯機、掃除機などたくんあります。電気毛布、電気カーペット、電気コタツも直接からだに接触して長時間の使用で電磁波を浴び続けます。

スマホや携帯は、頭部に電磁波の影響を受けやすいため、一度に長い時間使用しないことです。また、高圧線や無線アンテナなど電磁波の発生源は上げればきりがありません。さらに疲れや不調、精神的・肉体的・環境などのストレスは、現代社会に蔓延しています。これらは、体を酸化(サビ)させ、炎症を生じさせて、あらゆる症状や病気の原因となっています。

地球のヒーリングパワー

私たちは地球のリズムと無関係では生きられません。私たちの足元にある大地は、食物や水といった形で生きるための糧(エネルギー源)を維持してくれています。野生の動物は常に地面に接しているので、単独でも生きながらえることができます。野生動物は病気を知りません。なぜなら、彼らは自然に逆らうことをしないからです。

ペットたちは、飼い主である人間と同じような生活を長くしていると、健康を損ない獣医の世話になることが増えるだけです。東洋医学の考え方の中心は、「気の流れ」を良くすることであると思います。この「気」とは、ある意味アーシングでいう「電子の流れ」(自由電子)であることが容易に想像できます。

体をネットワークのように覆っているラインは、体の縦の線に沿って走っています。この線は地球の子午線(地球の赤道に直角に交差するように両極を結ぶ大円)と同じように扱われていることから、「経絡」と呼ばれています。この経絡のシステムを通って、体の機能を調整する「生命エネルギーである気」が流れます。

体内エネルギーの流れが持続的に障害(気の滞り)を受けると、あるところにはエネルギーがありすぎ、またあるところではエネルギーが少なすぎとなり、病気が発症します。かつて、自然の中で自由に生きて、本来の健康を満喫してきた「動物たちは、今や人間同様にガンや生活習慣病に罹っている」のです。人間の都合で自然から離れさせ続けた結果、病気知らずの動物たちを人間同様の生活習慣病にしてしまっのです。

ヒーリングパワーの仕組み

アーシング

アーシングのバイブル
パワー アーシング のすべて
定価:3,600円(税込)

20171121112429.jpg

地球はマイナスの電荷をたくさん帯びています。そこで、2つの伝導性のものを接触させると、電子は多いほうから少ないほうに流れ、やがて双方の電位は等しくなります。

地球の表面に直接接触することによって、私たちの肉体は自然に地球の電場と等しくなるようにできています。そのため、地面にアース棒を差し込みアースを引くと、洗濯機であれ、人間であれ同じ作用が起こるわけです。

大抵のフリーラジカルはプラスの電荷する分子であると考えられています。中には中性のものもあれば、マイナスの電荷を帯びていることさえあります。

これらの反応性分子は、電子に飢えています。地球は私たちの肉体に莫大な電子を流入させることができ、体にダメージを与える炎症の原因である過剰に増えたフリーラジカル(活性酸素)を抑制するか、消滅させてしまうのです。

電子は、電気における最も小さな単位の負電荷であり、負電荷(電子)が正電荷に引きつけられることはよく知られています。

こうして、地球表面に直接接することで、導電性を持つ肉体は自然と地球の電場と等しくなるようになり、電子レベルが低くなった肉体に電子を補充することかできるのです。

アーシングこそ「健康の要」

大宇宙の中のたった一つのかけがえのない地球、そこにある大地とのコミュニケーションがいかに大切であるか、地球の鼓動が少しずつでも聞こえてきて、それに自らの呼吸を合わせることがどんなに素晴らしいことでしょう。 小宇宙である私たちの体は、大宇宙である地球、母なる大地に波調を合わせずして、真の健康は得られません。大地と一体となることこそ「健康の要!」であるのです。



 

アーシング!驚きの健康効果

地球から切り離された私たちの体は『慢性病という現代病の温床になっています。

慢性病とは、いつまでも治らない病気を総称する言葉で、一過性の病気や、重症かつ治療中の病気以外の、慢性的または断続的長期にわたる病気です。
なんとなくスッキリしない、だるい、熱っぽい、頭がズキンズキンする、やる気が出ないなど「なんとなく」をこの程度は大丈夫とやり過ごしていると、慢性的または断続的長期にわたる病気になってしまいます。

アーシングBOOK101

時代をさかのぼると、私たちは母なる大地の自然の中で、裸足で歩き、じかに大地に接した生活をしていました。

ところが今日では、ほとんどの場合、大地から切り離された状態で生活し、仕事をしています。

私たちのカラダ(皮膚)は、地球に住んでいながら地球の皮膚に触れることもなく毎日生活しています。

地球の自然の治癒力(ヒーリングエネルギー)の信じがたいパワー源に接続することによって、その驚くべき結果に導かれた幅広い体験事例によって、アーシングは今まさに世界的に注目されているのです。

アーシングの効果のメカニズムは別にしても、大地に裸足で接することの「気持ち良さ」は、誰でも体感する不思議な感覚です。この「気持ち良さ」そのものが大自然の治癒力(ヒーリングエネルギー)そのものなのではないでしょうか。

赤外線で見るアーシングの効果

多くの体験の中でも、赤外線による画像はアーシングの効果をはっきりと観察できるので、著書「アーシング」に紹介されている一部の例を以下にご紹介します。

【例-1】肩と腰の炎症

以下の写真は、85歳の男性で、左腰と右肩に睡眠が妨げられるほどの激痛があり、痛みと硬直で目覚めるといった毎日を送っていた。内科冶療に長く通っていたが、あまりよい結累が得られなかった。アーシングをして一晩眠ったあと、痛み50%減って、歩いているときのこわぼりと痛みは75%改善したと報告している。

左写真の矢印が示す部分は、極度の炎症と痛みがあったた箇所である。右写真はアーシングを行なった2日後に撮影されたもので、左右均等な温度を示し、正常に戻っていることが分かる。
アーシングを行なって4週間後に患者は、たまに凝りを感じる以外は、肩と腰の痛みとこわばりが完全に消えたと報告している。「元どおりの生活にもどることができた」と患者は述べている。

アーシングの効果「赤外線-肩と腰の炎症」

【例-2】慢性的な痛みやコリの炎症

左がアーシングの前で、右がアーシング30分後の写真。この2枚の写真から炎症が直ぐに治まったことがわかり、慢性的な痛みなどを含むさまざまな症状に対してアーシングが与える影響について説明できる。

アーシングの効果「赤外線-痛みとコリ炎症」

【例-3】つま先の冷え

左図はアーシング前の体の末端を示している。矢印が指しているのは。血行不良になっている部分である。つま先は、周囲の温度とほぼ同じなので写らなかった。右図は、4日問アーシングして睡眠をとったあとの写真である。血行が劇的に改善され。足が温まったことを示している。

アーシングの効果「つま先の冷え」

【例-4】ゆび先の冷え

左図はアーシング前を始める前の彼女の手のサーモグラフィである。指の冷えと血行不良に注目していただきたい。矢印が示す指の部分の温度が、部屋の温度と同じ温度だったので写らなかった。これは「サーモ切断」と呼ばれている現象である。右図では、彼女の手がアーシングによってどれほど温かくなったかを示している。

アーシングの効果「ゆび先の冷え」

正しいアーシングで大地の無尽蔵のエネルギーを取り込もう!

現在、アーシング大使として精力的に活動をしている「アーシング」の和訳者であるエハンさんは、2017年7月にアイスランド全土を裸足で踏破するというアーシング巡礼を成し遂げたといいます。出版社「ヒカルランド」によると、エハンさんは大地のエネルギー「自由電子e-」を取り入れ、人間本来の生命バランスを回復するこのシンプル&アメージングな健康メソッドの普及をライフワークとされています。

このように素晴らしいアメージングな可能性を持つアーシングの効果をフルに得るには【正しい】知識や方法を知ることが一番大切!誤った方法では、効果を十分に得られないばかりか身体の安全をおびやかしかねない場合もあります。日本で唯一、アーシング創始者のクリントン・オーバー氏から伝授を受けて普及に取り組む冒険家、作家、アーシング・ジャパン代表のエハンさんは、精力的にアーシングセミナーを行なっています。

アーシング効果は著書「アーシング」から学ぼう!

究極の癒し!地球とつながる、超自然な健康法“アーシングの基本とその全容を学ぶためには、著書「アーシング」をご一読されるしか方法がありません。アーシングの効果については、あまりに数多くの体験と医師や生物物理学者など知識人もその信じ難い効果を認めています。そこで、著書にある「目次」をご紹介し、その項目から素晴らしいアーシングの世界を読み取っていただきたいと思います。

クリントン・オーバー(創始者)がスティーブン・T・シナトラ(医学博士)、マーティン・ズッカー(自然医療ジャーナリスト)とスクラムを組んで作り上げた医療、健康の概念をくつがえす画期的な書!

20171121112429.jpg

◎ その方法はいたってシンプル――あなたを大地につなげるだけです!
◎ 人類は秘められた地球のパワーにやっと目覚めた!
◎ 慢性病のデパートと化した現代人/地球とつながっていない症候群
◎ アーシングで熟睡できる/アーシングは心臓病に対するツールになる!
◎ すべて病気のもとは炎症/炎症のメカニズム=現代人は電子欠乏状態
◎ アーシングの抗炎症作用/寝たきりの老人がなぜ?
◎ 地球から人間に電子が流れる/アーシングで氣の流れを活性化
◎ 電磁場対策はアーシングにかぎる/体内の電気的な安定状態を回復させよう!
◎ アーシングでストレス解消/電磁場過敏症からの回復
◎ アーシングは神経系にも影響を与える/免疫反応を正常化/傷をはやく治す
◎ 心血管・呼吸系・神経系の機能アップ! /アーシングはすればするほどいい
◎ メタボリックシンドロームのリスクが減る?/健康に長生きしよう!
◎ 体内時計をリセットしよう! /時差ボケにも効果バツグン!
◎ アーシングと薬 /アーシングとデトックス/アーシングは遺伝子にも影響する

◎ アーシングシーツで寝るだけで痛みが消えた/やけどが治る! ?
◎ いつでも、どこでもアーシングマット/予防医学としてのアーシング
◎ 魔法の鎮痛パッチの正体は?/こんな症状が改善される!
◎ ジンジンと伝わってくる感覚 男性がアーシングをするとこんなことも……
◎ 夜中にトイレに行く回数が減る /睡眠時無呼吸症候群にも効いた!
◎ アーシングが心臓病に効く/地球は血液をサラサラにする
◎ 心房細動がやわらいだ! アーシングで心臓が元気になる!
◎ アーシングは自律神経をなだめてくれる! /糖尿病にも希望の光が……
◎ アーシングは高血圧にも効く! /アーシングは不整脈にも効く!
◎ アーシングで顎関節症・歯ぎしり・歯周病改善 不治の病もよくなる! ?
◎ アレルギー症状にも効く! ? /関節リウマチの痛みが消えた! …etc.
 

出版社からのコメント

裸足で浜辺を歩く、芝生の上を歩く、その気持ち良さ……「どうしてだろう?」
答えは、この本にあります!

◎ アーシングされたベッドに入ると、まるで自然に囲まれているよう……
◎ アーシングは自律神経をなだめてくれる
◎ アーシングすると足がジンジンし、それが上へと伝わってくる……
◎ アーシングでストレス解消!
◎ アーシングは一番自然な処方箋/こんなにたくさんあるアーシングの可能性
◎ 女性をきれいに健康にするアーシング/アンチエージングとアーシング
◎ ストレスホルモンの正常化/月経と更年期が楽になる/妊娠性蕁麻疹が消えた!
◎ 妊娠に対する衝撃的な影響とは?/アーシングと受精は関係あるのか?
◎ みんなちがいがわかる! 幸福感が増す! スピリチュアルなつながり
◎ 大事なペットもアーシングで健康になる/ペット用アーシングマット
◎ 野生動物はなぜ自然に治るのか? 動物は土に触れる必要がある
◎ アーシングで元気になった犬/愛犬の生活改善と長寿のためのアーシング
◎ スポーツ選手も必見のアーシングの効果/深く快適な睡眠の重要性 /迅速な治癒
◎ 痛みが軽くなる/筋破壊を抑制! /アーシングをツール・ド・フランス競技に導入
◎ フットボール選手もトライアスロン選手もアーシング/高齢者ゴルファーを支えるアーシング
◎ 頭からつま先まで全身に効くアーシング/最小限の努力で、最大の効果を得る
◎ 治療家のスタミナ回復/肉体的にも精神的にもいたるところにアーシングの影響が!
◎ 現代人に必要なのはアーシングシューズ/アーシング革命がやってくる!
◎ 死ぬまでアーシングを続けよう! やめないことが大事/アーシングで未来を切り開く

生物物理学者も納得!

南カリフォルニアの生物物理学者兼電気生理学者であり、身体の電気的回路を専門とする科学者、ガエタン・シェヴァリエ博士は、2008年アーシングによってもたらされる体の生理的機能へのさまざまなインパクトを調査するための研究を行いました。その二例をご紹介します。

【痛風】

その一例は「痛風の痛み」があると彼の友人です。彼は現在その痛みの度合いをO~10の数値で表してほしいと依頼しました。10は耐えられないほどの痛みです。「8が左手で、9が右手」だと彼は言いました。
そこで、電極パッチをそれぞれの掌に設置し、その電極パッチは外のアース棒にワイヤーで接続してアーシングを開始して30分経過したあと、友人は驚きの表情を見せました。痛みの数値が突然にして下がったことに彼は気づいたからです。
左が2で、右が3です。これほど痛みがやわらいだのです。これは素晴らしいと彼は言いました。

【関節】

シェヴァリエ博士は、これとよく似た実験を彼のヨガのインストラクターに行ったことを述べています。 彼女は親指に重度の関節炎があり、たとえばコップのようなものを持ち上げようとすると、激痛が腕まで走るので、ものを落としてしまうと言うのです。

「彼女は研究所にやってきて、私たちは30分間アーシングしました」と彼は述べました。「去る前に彼女はまったく痛みが消えたと言ったのです。私は毎週ヨガクラスで彼女に会いますが、あのあと何か月も親指の痛みが消えて、まったく戻ってこなかったと言っていました。

今は彼女も毎日最低30分はビーチを歩き、その上、アーシングしたベッドで眠っているらしいのです」初期の研究におけるポジティブな結果は、アーシングが身体にどのように影響し、身体内部のその複雑なメカニズムに関するより深く、もっと洗練された調査を促しました。最初の実験から10年経過した今、人間の健康に大きな意味を持つ多様性のある仮説が、この驚くべき話に組み込まれ、やむことのない研究へと導かれています。

医学博士たちもビックリ!地球は血液をサラサラにする!

アメリカコネチカット州のスティーブ・T・シナトラ医学博士は、2008年に医者や医学分野で働く博士たち、看護師、芸術家、パーサルトレーナー、、弁護土といった職業の人たちとアーシング創始者であるクリントン・オーバーも参加して12名で実験をしました。その実験のために血液サンプルをほんの少し必要としました。

地面に接続された心電図用電極パッチでグラウンディングする前とあとの血液を、暗視野顕微鏡で調べました。この特殊な顕微鏡を使うと、定期検診では分析できない血液細胞の生きている様子をリアルタイムでで見ることができます。

私たちはショックを受けました。 アーシングをする前の血液サンプルは、1つを除いては、程度は異なるにしてもすべて赤いケチャップ状態だったからです。モノクロ写真の左図。たった一つあった例外は、すなわち、一番よい状態の血液は、何年間も昼も夜もアーシングをし続けているクリントン・オーバー氏のものだったのです。

我々の単純な実験が示したように、心臓病の患者や糖尿病の人が、典型的なケチャップのような血サラサラにすることができたなら、心臓学からするとそれは危険要因を取り除いたことになります。
アーシングの効果「血液サラサラ」

さらなる証拠「ゼータ電位」との関係

ゼータ電位とは、赤血球細胞表面の負電荷の程度を表す用語です。私たちの血球は電気的な働きをします。そして、この特徴によって細胞は互いに跳ね除けるので、固まって集合するよくない傾向を防ぐことができるのです。負電荷が強ければ強いほど細胞は互いに退け合う力が増すので、血液の流れはスムースになります。

ゼータ電位はあまり知られていませんが、1950年代当初から心血管機能と関連づけて心臓学でも使われるようになりました。上記の血液サラサラの実験を踏まえて、次なる研究を行なっています。

我々の研究のために、10人の健康な人たちが選ばれました。彼らは個別にクリニックを訪れては、2時間グラウンディングをしながら、リクライニングチェアに心地良く座りました。以前の研究と同じようにワイヤーで地面につながっている電極パッチを手と脚につけました。血液サンプルを、2時間連続的にアーシングを行う前とあとに採りました。

その結果は、驚くべきものたでした。ゼータ電位の改善は、平均270%改善していることが分かったのです。この結果は、2013年に発行された『代替・補充医学ジャーナル』誌(The Journal  of  Alternative and Complementary Medicine)において、『血液をサラサラにする自然な方法』という見出しで公開されました。

健康な状態のゼータ電位の範囲は、-9.3mV~15mVの間で、平均は12.5mVです。私たちの実験における10人のゼータ電位の平均値は、アーシングを2時間行う前は、かなり低い-5.28mVで体験後は、-14.26mVと、とても健康な状態になりました。

ゼータ電位がゼロに近い血液は、ドロドロしていて濃 いので流れにくく、固まって詰まる危険性があります。

アーシング前の赤血球は、ほとんど勣きを見せませんでした。グラウンディングのあとは、活発に動いているのと、さらには、グラウンディング前と比べると、赤血球凝集がかなり減っている、という内容を記録として残しました。


 このような反応から、グラウンディングをした人の皮膚が、よく赤みがかるという現象が理解できました。ちょうどダムの水門が開かれたようになるからです。 アーシングがこのように血液の電気力学に影響を及ぼすならば、体全体の細胞に影響を及ぼすでしょう。 さらに考えられるのは、グラウンディングをしている人は、していない人と比べると、生理学的にも異なってくるということです。

本当に素晴らしいアーシング! 

やり方は簡単です。とにかく何も考えずにやって見ることからはじめましょう! 裸足になって歩けない人、時間がとれない人、そんな方には弊社おススメの「アーシング商品」の中にきっと自分にできるものが見つかるかもしれません!BLHは、おススメしたいアーシング商品やアーシンググッズをご紹介しています。

 

ご関心のある方は、↓↓↓↓こちらから主な「アーシング商品」がご覧になれます。

201712112015.jpg

 

 

アーシング!最も自然で安全安心な健康改善法!

誰もが、歩くとカラダに良いと知っています。しかし、皆んな分かっていてもできないから、運動不足やストレスで不健康な人が多くなるのではありませんか?できないことを悔やむより、できることをすることがどんなに健康にいいでしょう。

アーシングは、あなたの健康を改善するためのもっとも自然で安全で、簡単でお金がかかりません。
素足になって、裸足で歩くと地面から抗炎症作用のある地球のエネルギーが体に入ってきます。

裸足で歩きましょう!

20171121121114.jpg

すべての病気のもとは「炎症」と言われています。炎症は、私たちの生活に密接に関係しています。

石橋徹医師の書かれた「未来年齢予測」によると、生命体が生きている状態は、常に修復によって置き換わっている動的な平衡状態を意味しているので、修復過程である「炎症」は「生きる」ことに付随し、あるいは同義であるといいます。

小さな炎症の繰り返しが老化である、だから、老化は生きることら「生きることは炎症である」と述べておられます。

 

すべての病気のもとは「炎症」である。炎症は、現代人が抱える最大の健康上の問題といえるでしょう。このように、炎症は老化(酸化・サビ)のもとで、これこそが人生なのですから、全人類は慢性炎症に罹っている患者ばかりです。

アレルギー、アルツハイマー、リュウマチ、全族、自閉症、筋萎縮性硬化症(ALS)、貧血、関節炎、ぜん息、がん、心血管疾患、糖尿病、線維筋痛症、腸障害、腎不全、全身性エリステマトーデス、多発性硬化症、一般的な痛み、膵炎、乾癬や湿疹など慢性炎症に関係する疾病は数知れません。

あなたの素足が地面に接することで、瞬間的に全身の生態系は変化し、「抗炎症スイッチ」が入るのです。スイッチが入ると病や細胞を破壊する体のフリーラジカルを中和させる自由電子が大地から無償で取り込まれ、炎症は軽減または解消されるわけです。

誰でもできるアーシング!果報は寝て待て!

健康に気をつけて!体を大切に!良く聞く言葉です。そう仰っている本人も、それを聞く方も、何をどう気をつけたらいいか具体的なことは、誰も考えずに受け流しています。とりあえず常日頃はそんなものでしょう。

だから、「健康のために素足になって歩こう」といっても、裸足になって歩ける人はそういないんです。そこで、「誰でもできるアーシング!」をご紹介します。それは睡眠中に行なうアーシングです。

睡眠「枕」

何をしても継続しない。忙しくて時間がとれない。3日坊主。そんな方に「睡眠中のアーシング」はおススメです。

寝ている間中、アーシングできるのですから、睡眠アーシングは最高のリラクゼーションです。

 慢性疲労や不安症、うつ病などによって様々なクスリを複合摂取している場合は、アーシングをはじめた最初の夜に痛みを感じたり、気分が優れなかったりするかも知れません。このような場合は、通常より多めの水分を摂取して下さい。

老廃物を出すのを手伝ってくれます。もう一つの方法として、アーシングを一日一時間程度に減らしてみることもいいでしょう。それから徐々に増やしていけばいいです。母なる地球はあなたがゆっくりと地球に適合できるチャンスを与えてくれます。

アーシングの効果は素晴らしい!こんな身近に自然の健康素材が揃っていることにきっと驚かれることでしょう。ご家族だけでなく、ペットも一緒にアーシングしてあげてください。さわやかな目覚めが充実した一日を約束してくれます。アーシングで癒す、大地は最高のセラピストです。

睡眠しながらアーシング!

都会に住んでいて、なかなか地面と接触できる機会がないという方、時間がないという方、あまり外出しないという方には、眠りながらアーシングが可能な製品があります。詳しいことはこちらから

 

寝ながらアーシングに必要なもの

睡眠中のアーシングは、誰にでもできるとっても便利で、アーシング時間も長くアーシング効果の高いことで喜ばれています。

睡眠しながらのアーシング

【1】アーシングシーツ

アーシングシーツは、ダブルサイズでもシングルサイズでもいいですが、出来ればダブルサイズをおススメします。幅広く使えると、導電性のよいシーツは、腕や足などベッドからはみだしても、肌と接する機会が多くなる分、アーシング効果は高くなります。

【2】アーシング枕カバー(ピローケース)

アーシングシーツの上に直接アーシング枕カバーを置いた場合は、アーシングシーツが接地されているだけで導通が確保できます。枕は頭をはじめ、顔、首や腕など接触面も多く、寝つきやさわやかな目覚めには最適です。できれば、枕カバーもアースして下さい。

ご関心のある方は、↓↓↓↓こちらから「アーシングシーツや枕カバー」がご覧になれます。

201712112015.jpg

 

 

 

アーシング!「見える化」で体の変化を体感しょう!

アーシングすると、一般的には心地よくなると言われています。特に高齢者は代謝がよくなり、元気がでてくるようです。顔色が明るくなるのを感じます。アーシングを数分間すると血液の流れが良くなるので当然のことと思います。

このように、アーシングのカラダへの影響は体感できますが、目に見える形で伝えることは容易ではありません。そこで、目に見えない大地のパワー(電子エネルギー)がアーシングすることで体に与える変化を「見える化」(可視化)して、より分かりやすく「体の変化」を確認する方法についてご紹介します。

身体電圧の測定

アーシングによる体の変化を簡単に調べるには、身体電圧の測定がおススメです。身体電圧(体内電圧)は、体内酸化度(体のサビ度合い)、電磁波の影響に関係しています。ドイツ建築生物学協会の電磁波ガイドラインSBM2008(Standard for Building Biology Testing Methods2008)によると、つぎのようにハッキリと示されています。

電磁波ガイドラインSBM2008

このガイドラインの数値は、実際に身体電圧を測定してみると分かりますが、かなり厳しい値となっています。これまでに測定した人たちの測定結果から、「問題ない」に該当する10mV以下の人は誰一人いませんでした。それどころか、「かなり問題あり」の方ばかり。中には、3V(3,000mV)を超える人もいます。

このガイドラインの数値に照らしても、私たちの体は、如何に電磁波の影響を受けてきているのかが分かります。ちなみに、正しくアーシングされていれば身体電圧は、一時的にゼロまで下がります。しかし、アーシングを止めるとまた元に戻ります。

最近では、人工的につくられる電磁場による人体への悪影響についてよく議論されるようになりました。この問題への関心は、世界的に拡大しつつあるため、アーシングとの関連を知る上で身体電圧計による確認は、電磁波の影響度を確認する目安として大きな意味があります。

以下はアーシングを開始してのち、日々のアーシング前後の身体電圧測定値を月間平均値として表し、月間の推移を示しています。

アーシング前後の身体電圧の変化

上図のように、アーシングをすることによって、身体電圧の平均値は次第に下がっています。アーシングを止めるとまた元に戻ります。この結果、身体電圧はからだの臓器、脂肪や筋肉などが「コンデンサー的な働き」をしているかの如く、蓄積された静電荷を一度に取り切ることができません。バチッとくる静電気の除電対策とは基本的な違いがあります。

アーシングを日々行なうことで、段々に蓄積されたプラス電荷が減少していることがわかります。この電圧降下からもハッキリと、大地にしっかりとアースすることで体への影響が確認できます。この例では寝つきがよくなり、目覚めも良くなり、朝から元気が出て体が軽くなったと喜ばれています。

酸化度測定

身体電圧計で、体内酸化度はある程度判断できます。参考までに、アーシングによる身体電圧と唾液ORP(酸化還元値)の変化をご紹介します。このデータは、40代後半の女性ではじめてアーシングを体験された方の測定結果です。アーシングを両足にとり10分置きに、被験者の唾液を採取して、酸化還元値(mV)と身体電圧を記録したものです。

アーシングによる身体電圧と唾液ORP値の変化

 

唾液で測れる「酸化還元測定器」でORP値を測定する数値mVは、身体電圧計のmVとは関係ありません。
数値が高いか低いかで酸化傾向なのか、還元(若返り)傾向なのかを知りたいときは以下を参考にして下さい。

酸化と還元の数値指標.

睡眠観察

FitBit

最近では、スマホのアプリで「睡眠状態を管理・記録」することが簡単にできます。腕時計と同じように左腕に装着するだけで、睡眠状態を「見える化」することができます。

このツールは「FitBit」と呼ばれアスリートにも人気があります。アーシングは、寝つきや目覚めに効果があると言われていますが、これを使用すれば、日々の睡眠状態がそれぞれ「レム睡眠」「浅い睡眠」「深い睡眠」「目覚め状態」ごとに時間でグラフ化されますので、これを参考にすることができて便利です。

初めて睡眠状態を見たときは、想像以上に「深い睡眠:ノンレム睡眠」が少ないことがわかり驚きでした。

就寝前一時間くらいは、テレビやパソコンなどは見ないように配慮しながら、睡眠ステージの変化をグラフで観察していましたら、一週間後には図のように「深い睡眠」時間が、43分から1時間15分と約30分長くなっていました。事実、寝付きと目覚めは格段に良くなっています。これもアーシングの一つの効果と思えば、これからが楽しみになります。

アーシングによる睡眠ステージの変化

アーシングがもとで、このように寝ている間の「睡眠ステージ」の「見える化」を目の当りにできました。現在、世界的にも注目されている睡眠不足が蓄積されていく現象「睡眠負債」が話題になっています。睡眠負債は「寝貯め」で解決できない問題だけに日々の睡眠状態が大切になります。

睡眠負債は、スタンフォード大学の研究者により提唱されたもので、日々の睡眠不足が借金のように積み重なるとやがて、癌や、糖尿病、認知症などの、疾病につながっていくと言われています。詳しいことは著書「SLEEP」にゆずりますが、この中でも「アーシングの驚異的なメリット」として睡眠をとり上げています。

血流・血管の測定

血流や血管の状態は、血流観察装置がないと分かりません。定期的に血流の状態を測定できる「クリニック、薬局やサロン」などで診てもらうと、アーシングによってどのくらい血流や血管状態がよくなっているかを掴むことができます。また、より専門的になると「ゼータ電位」を測定できる医療機関なら、数値で血管状態が簡単に知ることができます。

アース(接地)のとり方と注意点!

アーシングは、静電気を除去するために、一般に地面にアース棒を打ち込んでアースすること(グラウンディング)と同じです。家庭でアーシングするためのやり方と注意すべきことを具体的にご紹介します。

アース棒による接地

アース棒は、日曜大工店にいけばどこでも販売しています。アース棒を選ぶときは、アース棒のとアース線の長さを確認して選んで下さい。

アース棒の長さは、一般に300mm~500mmの長さが一般的です。アース線はアーシングをしたい場所(部屋)にあった長さに一般配線用の延長用「アースコード」を選んで下さい。

アース棒


 

アース棒による接地は、電気工事の中でも非常に大切なものです。参考までに、一般住宅に用いるのは、ほぼD種接地工事となり、接地抵抗値は、100Ω以下と比較的ゆるく、接地抵抗値を得るのは簡単です。同じアース棒を利用しても、地下の状況により接地抵抗値は変化します。

アーシングの場合、接地抵抗値はあまり気にすることはありません。ただ、身体電圧を計る機会が多いと思いますのでアース棒を接地したあとは、接地抵抗値(Ω)を身体電圧計で計測しておくといいでしょう。

コンセントによる接地

コンセントの比較

近年、オール電化のご家庭が増えています。洗濯機など水に触れ、感電・漏電の恐れがある電化製品には必ず、アースコンセント(3P)が付いています。

しかし、日本では、オール電化と言ってもアース(接地)が取ってある化製品は限られています。そのため、コンセントのほとんどは接地なしの2口コンセントになっています。

アースの目的は、交流の電気を使うことによって発生する電場(電磁波)を抑制することにあります。本来は、電磁波を抑えるためにも、アースを取ることが大切なのです。大地とつなぐして接地する意味は、次のような目的を盛っています。

1.感電防止
2.避雷
3.静電気障害の防止
4.電位の均等化
5.通信障害の抑制
6.ノイズの防止

などです。このほかにもアーシングのように身体への影響を軽減するも大きな目的もあります。

アースする上での注意点

【1】コンセント

電場をカットするには、アース棒を地面に打ち込んで接地することが一番安全です。コンセントには、アース付きのものとアースなしのものがあります。地面に接地されたアース付のコンセント(3P)であれば問題ありませんはありません。しかし、一般家庭のアースなしコンセント(2P)では絶対にアース線を接続しないで下さい。

アースコンセントアースなしのコンセントのアース側にアーシング商品や電気製品のアースは、つながないで下さい。正しく接続されていればコンセントの短いほうに100V(ライン側)が流れています。アース側には通常電気は流れていませんが、外線(最寄の電柱)にある変電器が故障したり、電気機器がショートした場合に、電気が流れ感電するおそれがあるからです。

【2】アース棒

アース棒の設置箇所は、できるだけ清浄な土地が望まれます。ゴミや廃棄物の捨て場であったり、大地の刺激波(水脈や断層の上)などは避けるべきです。折角、大地にアースしても不浄な気のあるところでは、大自然の清浄なエネルギーにはつながりません。畑や田んぼ、芝生や庭園などのある場所は、生物や植物が育っているため、安全な場所といえます。

アーシングの確認

実際にアーシングする場合、「アース付コンセント」(3Pコンセント)であっても本当にアースされているかテスターで確認して下さい。アースされていれば、橙色が2つ点灯しますので、アースチェッカー確認で、簡単にアースされていることが分かります。

20171122214634.jpg

アーシングテスターによる導通テストは、アーシングシーツやアーシング枕カバーを使用する場合、直接肌に触れるところがないため、アーシングできているか心配です。そんなときは、このアーシングテスターによる確認がとっても役立ちます。

 

「アース(接地)用品」は、↓↓↓↓こちらからご覧になれます。

201712112015.jpg

 

 

 

取扱い商品はこちら