ホーム>最新情報

最新情報

WHOも認める「ツボ」と「波動」データ活用ツールご紹介!

からだのツボ情報と波動データの活用ツールご紹介!

「ツボを主体とした治療法」は現在、鍼灸や整体、カイロプラクティック、さらには指圧、マッサージなど数多く存在しています。いずれも治療家によって独自の施術方法が行なわれており、ツボ固有の適応症例や効果効能は、ネットや書籍などで数多く公開されています。

ところで、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッド(波動共鳴法)で扱う経絡や経穴(ツボ)も、古くから伝統的に用いられている「鍼灸のツボ」と変わりありません。


波動で用いるバイオレゾナンス器「レヨメーターやレヨコンプ」(波動測定器)では、生体エネルギー(気)を周波数値(0~100ヘルツ)で測定できます。同じツボを診ても、体に触れることなく測定値(周波数の数値)で扱っているのが特徴です。

波動医学(気)と東洋医学(ツボ)のデータ共有!

そこで、波動測定器で特定された「気のとどこおり」のあるツボ(部位)と、鍼灸や整体、マッサージなど「ツボを主体とした治療法」の経絡・経穴情報をリンク(ドッキング)したシステム「気穴漢の健康法支援ツール」を開発しましたのでご紹介します。

 

東洋医学と波動医学のコラボ

 

気とツボのデータ共有の魅力!

  • 「気の滞り」のあるツボの内容は、鍼灸のツボの「症状別適用例の効果効能)」データから詳しく参照できるので、鍼灸ツボの知識を波動データと併せて活かすことができます。また、その逆に、
     
  • 「鍼灸のツボ」で得られた多くの臨床事例(治験)を該当する周波数データとして見ることができるので、ツボに関連する部位(筋肉・骨格、動脈静脈血管、リンパなど)まで知ることができます。
     
  • 「症状とツボ」に関する周波数データとツボの治験データを活用することで、初診時の取っ掛かりが容易(トリガー)になり、そこから段々に原因や対策が詰めやすくなります。
     
  • 身体に針を刺すことに抵抗のある方には、簡単に「人体図」でツボを表示して「鍼灸のツボ治療」を波動的に施術できます。
     
  • 漢方薬を併用される方には、「病状と症状」の選択により、簡単に「漢方薬」が選択できます。また、生薬の効果効能を調べたり、生薬の選択から漢方薬をすばやく見つけることもできます。
     
  • 「ツボ」や「周波数」を自由に選択できるので、「独自の症状別のパラメーターリスト」が作成できます。
     
  • 被験者の履歴が保存できるので、データ管理が簡単です。
     
  • 被験者の前回データと今回データを比較したり、似たような登録データの比較を行うことができます。2つのデータ比較で「一致、不一致」が直ぐに分かりますので、対処方法や新たな知見が得られたりして便利です。
     
  • システム登録データベースから、任意のキーワードで抽出したデータや、自分で測定した周波数データなど個別に登録できます。複数の部位で詳しく調べたり、データ加工(組み合せや選択)が便利です。
     
  • 鍼灸や整体など資格がない方でも、ツボの専門家の知識が簡単に流用できるので、波動の知識とあわせ、「見える化」(ビジュアル化)して分かりやすくなります。治療家の方やこれから、事業を始められる方にもおススメできるシステムです。

ご関心のある方は、こちらの「鍼灸のツボと波動データの一元活用ツールご紹介!」からご覧になれます。

「ケトン食の長期継続」の評価に関する臨床研究!

がんの治療食である「免疫栄養ケトン食」療法を長期に亘って実践した臨床研究の発表が、2017年1月13日、14日第20回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)で行なわれました。

「免疫栄養ケトン食」の開発者である古川健司医師は、下記の2件の研究成果を発表いたしましたので、その概要(抄録)をご紹介いたします。

「ケトン食の長期療法の評価に関する臨床報告2件!

ステージⅣ進行再発癌に対し1年以上のケトン食を継続した時の循環動態と耐糖能に与える影響

   第20回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)2017年1月13日発表
   (1)1年間の修正MCTケトン食は、重篤な心血管イベントはなかった。
   (2)厳しい糖質制限では、動脈硬化のリスク、インスリン分泌能低下も否定できないため、
      定期的なフォローが必要と思われた。

ステージⅣ進行再発大腸癌、乳癌患者に対し修正MCTケトン食による6か月間の安全性と
    有効性の評価

   第20回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)2017年1月14日発表
   (1)修正MCTケトン食は、抗がん剤治療との併用でも、
   (2)6か月では、安全でQOLを維持できる食事療法であることが示唆された。

もっと、詳しい内容は以下の「BLHブログ」をお読み下さい。

ステージⅣ進行再発癌!長期ケトン食療法による臨床研究!
修正MCTケトン食による6か月間の安全性と有効性の評価

「免疫栄養ケトン食」!日本静脈経腸栄養学会雑誌に掲載決定!

平成28年(2016年)12月26日付で、「日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)」に投稿した論文、古川 健司医師著「ステージⅣ進行再発大腸癌、乳癌に対する修正MCTケトン食による安全性と有効性の評価(pilot study)」が、日本静脈経腸栄養学会雑誌に正式掲載されることが決まりました。

学会発表については、BLHブログ掲載の臨床研究結果「世界初!ステージⅣの大腸癌、乳癌の臨床研究!」(平成28年1月10日、第19回日本病態栄養学会年次学術集会での発表)の抄録を参考にして下さい。

日本静脈経腸栄養学会雑誌の表紙.jpg

2016/10/18付発売の古川健司著「ケトン食ががんを消す」で、すでに免疫栄養ケトン食の内容は解説されています。

これによって、世界初のケトン食によるがん治療が、正式に日本を代表する栄養学会で認められたことになります。

学会雑誌(図)への掲載は、2017年7月発行「日本静脈経腸栄養学会雑誌 Vol.32 No.3」」の予定です。

「ケトン食ががんを消す」を読まれた方でご質問がある方へ!

著書ケトン食ががんを消すについてのご質問は「Q&A よくあるご質問」をご参照の上、お問い合わせ下さい。

「免疫栄養ケトン食の栄養サポート」をご希望の方は、「免疫栄養ケトン食」栄養指導のご案内」をご参照下さい。

「免疫栄養ケトン食療法セミナー」に関心のある方は、「免疫栄養ケトン食療法セミナー』とは?」をご参照下さい。

サイト・リニューアルのお知らせ

BLH公式ホームページリニューアルのお知らせ

2016年12月1日バイオロジックヘルス株式会社の公式ホームページをリニューアルいたしました。リニューアルにより、ご迷惑をおかけ致して申し訳ございません。

お問い合わせについて

現在、「免疫栄養ケトン食療法セミナー」に関するお問い合わせが多くなっております。

お問い合わせについては以下の内容について、ご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

新書「ケトン食ががんを消す」をお読みになられた方へ!

 「セミナー・講演会、資料請求」について

10/30の出版記念講演会の直後から、末期ガン患者さんの対応が多くなり、現在、講演会・セミナーが開催できません。そのため、

講演会や、資料請求も受け付けておりません!

 

ご質問される場合は、以下のQ&Aサイトをご参考にして下さい。

 Q&AURL:Q&Aよくあるご質問

現在、セミナー受講後の患者さんを受け入れる病院を募集中です。

  募集URL:臨床研究の病院を募集!

  著者への問い合わせ:古川医師への問い合わせ

受け入れられる病院が確定しだい、セミナーは再開する予定です。その場合は当ホームページでお知らせいたします。

何卒、事情をご理解していただきますよう宜しくお願い致します。

 

 


 

 

免疫栄養ケトン食が「東洋経済オンライン」に掲載!

がん細胞兵糧攻め!「究極糖質制限の威力」!

東洋経済オンラインに2016年11月10日(木)、弊社が応援するドクターの「免疫栄養療法」の開発初の臨床研究報告が紹介されました。

詳しくはこちらの「がん細胞兵糧攻め!「究極糖質制限の威力」!」(BLHブログ)よりご覧いただけまます。

 

 東洋経済オンライン 驚異の反響!!

がん細胞を兵糧攻め!「究極糖質制限」の威力


たった3日で、たちまち10,000アクセス突破! 
 
 
gan-hyoryo-zeme-toyokeizai-10000.jpg


 詳しくは、こちら「東洋経済オンライン」(ライフ-健康)からご覧になれます。

 

 

 

 

新書「ケトン食でがんが消える」出版記念講演会


「ケトン食ががんを消す」(光文社)の著者が、本の中では十分に説明できなかった「がんの栄養代謝、免疫栄養ケトン食の理論」を分かりやすく解説します。

がん患者さんとガン患者の家族でご関心のある方を対象に開催いたします。

講演会日程:2016年10月30日9:30~

 場所:AP東京丸の内( 東京都千代田区丸の内1-1-3
     日本生命丸の内ガーデンタワー3階H+Iルーム)

講演会の日程

keton-book-kinen-koenkai.jpg

出版記念講演会は終了しました!

10月30日の第1回目の講演会終了後、免疫栄養ケトン食療法の適応疾患である、乳がん、大腸癌、膵癌の患者さんで、入院治療を希望される方が多くなったことにより、著者である講師本人が治療に専念するため、診察できる体制ができるまで講演会やセミナーは、開催できないこととなりました。

今後の講演会開催日程につきましては、調整次第、弊社ホームページにて発表させて頂きます。

 【講演会の予定】 受付終了!

出版記念講演会の予定.jpg
 

 

「ケトン食ががんを消す」読まれた方でご質問がある方!

「ケトン食ががんを消す」を読まれた方で、ご質問がある方は重複を避けるためこちらの「Q&A よくあるご質問」をご参照の上、お問い合わせ下さい。

新書「ケトン食ががんを消す 古川健司医師へのお問い合わせ 臨床研究に関心のある病院を募集! 臨床データの基礎実験可能な研究室募集!

 

 

 

 

 

 

 

 

新書「ケトン食ががんを消す」ついに発刊!

がん免疫栄養ケトン食療法セミナーの一部がついに本になりました!

世界初の臨床研究で実証!

末期がん患者さんを対象に、弊社が支援するがん治療専門医がこれまで毎月のように実施していた「がん免疫栄養ケトン食療法セミナー」の内容の一部が本になりました。

ケトン食ががんを消す.jpg

 

「ケトン食ががんを消す」を読まれた方でご質問がある方!

ケトン食ががんを消すを読まれた方で、ご質問がある方は重複を避けるためこちらの「Q&A よくあるご質問」をご参照の上、お問い合わせ下さい。

新書「ケトン食ががんを消す 古川健司医師へのお問い合わせ 臨床研究に関心のある病院を募集! 臨床データの基礎実験可能な研究室募集!

2016年10日18日の発売。

主な内容は、つぎのとおりです。

【1】ケトン食でなぜがんが消えるのか?

【2】がん治療に必要な栄養とは?

【3】免疫栄養ケトン食とは何か?

【4】抗がん剤と免疫栄養ケトン食

【5】免疫栄養ケトン食の臨床研究結果

【6】免疫栄養ケトン食の献立タイトル

 

「ケトン食ががんを消す」はこちら「アマゾン」からご購入できます。

「免疫栄養ケトン食」栄養指導のご案内

受診(栄養サポート)は、「ケトン食ががんを消す」をお読みになってからにして下さい。あらかじめ、「免疫栄養ケトン食」について知識がある場合、受診時の栄養サポートが効果的」行なえますのでご協力のほどお願い致します。

がん治療に特化した「免疫栄養ケトン食」の栄養指導を希望される方は、以下のサイトからお願い致します。

免疫栄養ケトン食-栄養指導のご案内

 

取扱い商品はこちら