ホーム>今、なぜ波動健康法>気の滞りを自動測定! レヨコンプPS1000ポラーの魅力!

気の滞りを自動測定! レヨコンプPS1000ポラーの魅力!

波動測定器「PS1000ポラー」

ドイツ生まれの波動測定器「レヨコンプ PS1000ポラー

波動測定器「PS1000ポラー」

波動測定器「PS1000ポラー」は、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッドで使用する測定器の中で最上位機種(レヨネックス社製)、日本ではベレンクラフト社で取り扱っています。

レヨネックス社製品は、PS10、PS1000 ポラー、レヨネータ(波動送波器)、住空間調整器「デュープレックス」やレヨサン(ペンダント)など波動機器は豊富に揃っています。

レヨコンプPS1000ポラーの自動測定機能

これまでにも、いろんな波動測定機器が登場しましたが、どれも操作する人によって結果が違ったり、熟練しないとなかなか使えないものが多かったように思います。ここで紹介する波動測定器は、1975年にドイツ人のパウル・シュミットが、ダウジングをヒントに開発した「波動測定法」です。

パウル・シュミットの考え方は、自然界に存在する波動をキャッチして、それを周波数としてとらえたことです。 詳しいことは、こちらの今、なぜ振動医学なのか?を御覧下さい。 基本的には、共鳴現象(レゾナンス)を利用したもので、物体や生体、人の意識が発する波動まで、周波数の値にして扱うことができます。

レヨコンプPS1000は、自動的に「気の流れのとどこおり」を調べることができる機能がついたことによって、誰にでも使えるもの、扱えるものになっています。

自動測定機能がついたことにより、測定者がセンサーの動きを見て「気の滞り」の有無を判断する「測定者依存」がないため、測定結果そのものがエビデンスとして認められやすくなりました。今後、自動測定機能が下位機種のレヨコンプPS10でも使えるようになることを期待しています。

 

早期発見・早期対策は波動測定器の得意技!

波動測定器「PS1000ポラー」

固定周波数の波動機器に対して、波動測定器は、高い周波数から低い周波数までキャッチできますので、「気の滞り」を調べることができます。

高い周波数から「気の滞り」がつかめるということは、私たちのカラダに症状が現れる前、あるいは身体の異常に気づく前から分かるのです。

医療機関で診断できるよりもずっと早く問題を指摘することができますので、「病院で一度診察を受けて診られてはいかがですか?」と早期検査を勧めてあげることもできます。

気の滞りが見つかっても、ハーモナイズ(波動調整)されないままで置くと、「気の滞り」が進行して、段々に周波数は低下していきます。

病気が何年にも長引くと、周波数値が減少して、それに伴ってハーモナイズの所要時間が長くなることを表しています。これは、症状が出ても放っておくと病状が悪化して治りにくくなることと同じです。ドイツ振動医学の健康法は、総合医学的な観点からも未病対策、予防医学のためにも、すばらしい可能性を持っています。

波動にご関心のある方、今までの治療法に代わるものを求めておられる方にはオススメの「最高峰の波動測定器」です。 

レヨコンプPS1000ポラーの価格

メーカー本体価格 3,510,000円(税込)
自動測定モジュール価格 844,560円(税込)

商品のご購入はこちらから

PS1000ご購入の方はこちらから

商品のお問い合わせはこちら

PS1000に関するお問い合わせはこちらから

波動健康法の体験事例

ドイツ振動医学における波動測定器の最上位機種である「PS1000ポラー」の凄いところは、全身の生体エネルギー「気」の滞りを自動測定「STI」でチェックしてくれることです。

体験例1:40歳代の女性

下図の例は、40歳代半ばの女性が大変疲れているので、「波動にかかりたい!」と来られました。自動測定で「気のとどこおり」をチェックしたところ、赤印の付いた棒グラフが、全体的に高めに振れていることが分かりました。
これは、東洋医学的に言えば「補と瀉」の関係から「エネルギー不足」になっていることが分かります。

波動健康法の体験事例:40歳代の女性

自動測定のあとは、自動的にハーモナイズ(波動調整)プログラムを見つけてくれるので、そのまま波動調整を50分行いました。

自動測定後の波動調整中!

波動健康法の体験事例:40歳代の女性

ハーモナイズ直後は、何も変化がなかったようでそのまま帰宅されました。
翌日、仕事の帰りにサロンに尋ねて来られるなり、「昨日の疲れがまったく嘘みたい!今日も仕事したけどこんなに元気!」といって喜んでおられました。

波動測定器「PS1000ポラー」は自動測定によって、誰でも簡単に「波動健康法」を体験できることはホントウに素晴らしいことです。 

体験例2:70歳代の女性

この方は70歳代前半の女性で、「数日前から、お腹のみぞおち辺りに鈍い痛みがある!」ということでした。自動測定の結果、下の写真で見られるように、右側に一つだけ飛びぬけて「気のとどこおりの深い」箇所があり、その近くにもう一つ高めがありました。

波動健康法の体験事例:70歳代の女性

そこで、自動設定された波動調整プログラムを50分間かけました。その翌日にも、約40分のハーモナイズを行なっています。その後は、お腹まわりの硬さや痛みも取れたとビックリしていました。

波動測定器が示した内容から、ストレスによる筋肉痛とコリ、それに病原体も見つかっています。波動調整プログラムは、組織の活性化のためのATP産生や、除菌と解毒プログラムが動いており、これらが効いたようです。

体験例3:中学生の女の子

波動健康法の体験事例:中学生の女の子

前日から、体がだるいといって学校を休んだそうで、お母さんが連れて来られました。本人も、いつもの元気はなく、風邪かも知れないといって、寝転がっていたようです。

そこで、自動診断にかけました。その結果、皮膚のアレルギーとインフルエンザ、ウィルスI全般と肺機能などに関連した、エネルギー不足が出ていました。

波動健康法の体験事例:中学生の女の子

波動調整を50分実施しました。その日の夜には、元気も少し出てきたようで翌朝は、いつものように登校したそうです。測定データでは風邪かも知れませんが、症状も軽くてすんでよかったです。

ご紹介した例でもお分かりのように、自動化され誰でも同じように使えるだけでも、
40年間にわたって培われたドイツ振動医学の「波動技術」水準の高さを示しています。

ただいま、自動測定中!! 心電図を測っているみたいでしょ!

 心電図自動測定中

レヨコンプシリーズの波動測定器は、データ処理とモーターの駆動に直流電源を使用しますが、波の出力口に電気は存在しません。自然界に存在する波動をキャッチして、それを周波数としてとらえるための電気はいりません。

電気を使うのは、データ処理とモーターの駆動に直流電源を使用するためだけに必要です。
人体に電気的な波動を送るわけでもないので副作用は一切ありません。

波動測定器「PS1000ポラー」は誰でも簡単に使用できる自動測定機能です。
ご興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

レヨコンプPS1000ポラーの販売

メーカー本体価格 3,510,000円(税込)
自動測定モジュール価格 844,560円(税込)

商品のご購入はこちらから

PS1000ご購入の方はこちらから

商品のお問い合わせはこちら

PS1000に関するお問い合わせはこちらから

波動・磁気グッズのご紹介

波動磁気グッズの使用例ご紹介

振動医学では、パウル・シュミットのバイオ・レゾナンス理論に基づいて、「気」を周波数でとらえています。
たとえば、ペンダントタイプのレヨサンには、「気を高めたい」というような目的に合った「気」の周波数が設定(固定)された波動商品があります。 おすすめのバージョンとして、例えば次のようなものがあります。

パワーアップ 周波数 10.0Hz
肩のリラックス 周波数 64.0Hz
気を高める・記憶力 周波数 90.0Hz
元気な細胞 周波数 22.5Hz
頭や首スッキリ 周波数 96.5Hz
快適な眠り 周波数 5.0Hz
人前であがらない 周波数 27.5Hz
ストレス 周波数 43.5Hz
直観力 周波数 7.5Hz

このレヨサン(ペンダント)や刺激波を中和する「デュープレックス」などは、特定の周波数に固定されたもので、それぞれの目的によって効果を発揮する特徴があります。

ドイツ製電磁波対策グッズは↓↓↓↓こちらから

商品のご購入はこちらから

 

最近、話題になっている丸山クリニック理事長の丸山先生が書かれた著書「病気は治ったもの勝ち! 副作用ゼロのエネルギー医学」の中で紹介された電磁波対策が人気を呼んでいます。ここでは、本に紹介された商品のパンフレットから一部をご紹介します。ご関心のある方は以下を参考にして下さい。

丸山先生開発の電磁波グッズは↓↓↓↓こちらから

商品のご購入はこちらから

 

取扱い商品はこちら