ホーム>今、なぜ磁気健康法

今、なぜ磁気健康法

今、なぜ磁気療法なのか?

医者泣かせの症状って、知っていますか?

「最近、物忘れがひどくて....」、「最近どうも疲れやすくて....」、「頭が重くて眠れない....」、「手足がだるくて仕方がないんです....」、「ときどきめまいがするんです....」

こんな症状で病院やクリニックにいって、受診しても原因はなかなか分からないが少なくないようです。

いかがです!「あなたは、こんな症状に出合ったったことありませんか?」
日頃、少し体調のすぐれない時って、大体こんな症状ではないでしょうか?
肩コリ、腰痛、慢性の便秘や手足のしびれ、めまい、不眠症、偏頭痛、胸や背中の痛み、全身のだるさなどは比較的よくある症状ではないでしょうか?

年齢に関係なく起き、原因もはっきりしないこれらの諸症状には、医療としても十分対応できているとは思えません。だから、医者泣かせの症状っていうんでしょうネ

磁気不足が病気の原因になる?

磁気不足が病気の原因になる?

ところで、米国では体の不調を訴える人が多いビルのことを俗にシック・ビル(Sick Building)と呼びます。そして、ビル内で人間が原因不明の痛みや不快感に悩まされる「シック・ビル症候群」が、30年以上前から問題視されています。

アメリカの国立産業安全衛生研究所(NIOSI)の調査によれば、シック・ビル症候群による体の不調の訴えで最も多いのが、目や喉の痛み、頭痛で60パーセント、その他、連続的な疲労感、めまい、せき、吐き気、鼻づまりなどと続いています。

原因としては、ホルムアルデヒド(家具に使用される有害な接着剤)、イエダニカビなどのハウスダスト、OA機器から発せられる電磁波やオゾンガス、自然換気の少なさがあげられていますが、磁気の遮断による長時間の磁気不足の可能性も疑われています。

最近、原因の特定できない不快症状で病院を訪れる患者さんが増えて、困っているなどの不定愁訴や自律神経失調症の増加の原因の一つに慢性的な磁気不足が関係していることが挙げられています。

すでに40年以上、医者の立場から人体と磁気の関係についての研究を進めてこられた故中川恭一医学博士(『磁気と生体』研究会名誉会長)は、肩凝り、めまい、不眠症、頭痛、手足関節の痛み、全身のだるさなどとといった諸症状が、磁気の照射により改善に向かった場合、その症状を「磁気欠乏症候群」と定義づけておられます。

「磁場を当てることで血液内に電流が発生して、電解質解離(血中のイオン化現象)が起きます。この作用により血液循環を司る自律神経が刺激を受け、血行が促進される」という、磁気による鎮痛効果のメカニズムを発表されています。

参考までに「生体磁気刺激の基礎と応用」をご紹介しておきます。なお、頭部への磁気刺激がキンドリング現象やてんかん発作を誘発する可能性があるので、十分に注意する必要がある。と記載があります。当然、「バイオイーザー」の取り扱いでも頭部への使用は禁止しています。

磁気療法「血流の促進」に注目

磁気療法「血流の促進」に注目

肩こりや腰痛などで病院で診察を受けても、原因不明って言われると、医者でなくてもほかに何かできることはないか?とついつい思っちゃいますよネ。そこで、注目したのが比較的古くから研究が進められ、かつ現在、最先端をいくものとして注目を集めている、磁気治療です。

磁気で医療といえば、病院の検査で活躍している、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)は有名ですネ。現在では磁気と名が付くものは、民間療法的なものから、最先端の医療現場で用いられるものまで実に幅広く活用されています。

日本では『磁気治療器』という名称で、薬局などで広く販売されているものから、一般的には磁気ネックレスや永久磁石を皮膚に貼って、その磁場のチカラで患部の血行が促進され、コリを低減できるというものなどたくさん出まわっています。

注目されるのは、この磁気による血流促進、体内の血液循環をよくする働きです。常によい血行状態に保っておくことの大切さは、誰でも「健康になれる決め手」だということです。血液は、私たちの細胞に新しい酸素や栄養分を運び、逆に体内の老廃物を排出する代謝機能を果たしています。

また、様々な病原菌から私たちを守っています。 血液は、弱アルカリ性に保たれ、血管内を清流のようにサラサラと流れているのが理想です。しかし、何らかの原因で血液が汚れ、ネバネバ状態になると、まず代謝機能が阻害され、新鮮な酸素や栄養分が各臓器にスムーズに行き渡らなくなってしまいます。

これが、肩、腰、首や関節の痛みや各種アレルギー、ホルモンの乱れ、断続的なめまい、その他、原因不明の症状として現れてきます。

BLH健康サロンでは、血流を正常に保つことが、「万人健康の元」、「磁気治療は代替療法のパイオニア」という観点から、数ある磁気治療器の中から家庭用磁気治療器「バイオイーザー」を選びました。

今から50年前、天才科学者と呼ばれた「政木和三」工学博士のインスピレーションによって考案されたという代物です。当時、大阪大学医学部で人間工学の研究をされ、自動ドア、魚雷探知機など960件もの特許申請があったといいます。

しかし、師は、「自分の発明で人々が喜びにあふれた生活を送ること」をポリシーとして、ほとんどの特許権を放棄、一切ロイヤリティを取らない主義だったといいますからホントウに凄い方でした。

副作用もなく、誰でも簡単に操作、利用できるパルス磁気治療器「バイオイーザー」の長年にわたる愛用者の声と、ひとり一人の症状に合った使い方によって、ご本人に適した磁気療法に近い『セルフメディスン』が期待できることなど、予防医学に貢献でき得る磁気治療器としてお奨めできる商品です。

バイオイーザー

バイオイーザー

「疲れた」「足腰が痛い」「肩こり、首コリ」が辛い、そんなとき直ぐにお役に立て「家庭でできる痛みの解決法」として、磁気治療器「バイオイーザー」は多くの方に喜ばれています。

あなたもご興味がありましたら、一度お試しになってみてはいかがですか?

商品について詳しくはこちら

バイオイーザーの詳細はこちら

商品のお問い合わせはこちら

バイオイーザーご購入については、
こちらからお問い合わせ下さい。

磁気治療器の医療機器区分の基準

昭和36年、日本において現行の薬事法が施行され、その中で『磁気治療器』は『管理医療機器』として区分されています。医療機器区分の基準は、効果効能を保障するものというよりは取り扱いにおける“リスク”を管理するためのものです。

現在、家庭用医療機器として販売が許可されている磁気治療器は磁力が35ミリテスラ~200ミリテスラまで(これは交流磁界による磁気治療器の規定、永久磁石とは区別)であり、例えばMRI機器などの1テスラ~3テスラと比べると非常に小さい力であることもわかります。

日本の地磁気はおおよそ45マイクロテスラであり、それぞれの単位を比較すると、1マイクロテスラ×1000倍⇒1ミリテスラ×1000倍⇒1テスラです。その点、MRIなどの医療機器由来の強力な磁気では身体的影響がないということはありえません。

磁気療法の効用の仕組みとは

磁気が血行を改善する3つの理由

1. 血液のイオン化現象による自律神経の活性化

血液には大きく分けると、プラス、マイナスの電荷を持つイオン(電場を与えると移動する原子集団。CaやNaなどのイオン)と、イオンになっていないものに分けられます。

この2つが血液中にバランスを保って混在しています。そこで、身体に磁気を当てると、イオンになっていない方の物質がイオン化します。この現象を電解質解離と呼びますが、これによって自律神経の働きが整い、血液循環が促されることになります。

自律神経は体だけでなく、心の働きにも深く関与していますので、自律神経が正しく機能すれば、心と体の双方が癒されるわけです。

2. 磁気による細胞の活性化

人間の細胞の主成分のうち約70パーセントが水です。水分子はH2Oですが、磁気を当てると中性だった水分子に動きが生じてマイナス化します。マイナス状態になると、安定させようとする力が強く働きますから、細胞自体が揺り動かされ、様々な栄養分を吸収すべく活発に動き始めることになります。この細胞の強化が、自然治癒力を高めるのです。

3. 免疫能力の活性化

私たちの体内には、悪性の細菌やウイルスに対抗する抗体としてのNK(ナチュラルキラー)細胞があります。
磁気治療研究の第一人者である日下史章先生の報告によれば、ガン細胞にもアタックする免疫細胞ですが、このNK細胞の働きが磁気治療器による連続的な磁気の照射によって活性化され、免疫能力が高められるのです。

松果体を刺激して「よく眠れる」不思議

みけんの奥、約10cmのところにある脳の「松果体」は松ぽっくりのような形をしたもので、「魂の宿り場」とも呼ばれている器官です。

近年、『抗酸化力や免疫能力を増進させるメラトニンというホルモンを分泌している』ことがわかり、アメリカなどで盛んに研究が進められています。 このメラトニンの作用のうち最も重要とされているのが、生体時計の調整です。
つまり心拍数の減少、体温や血圧の降下、消化機能の低下といった、眠るために必要な生理的変化が、メラトニンによって引き起こされるというわけです。

断続的な強い磁気を患部に当てれば、そこに血液が集まります。当然、脳は一時的に中国医学でいう「虚」の状態になり、眠気を催します。食事をした後、しばらくすると眠くなるのと同じ理屈です。

「パルス磁気治療器をかけるとよく眠れる」という体験談はたくさんありますが、パルス磁気の強い磁気刺激が、まったく別の理由で松果体を刺激し、「睡眠の誘発」に関与している可能性も指摘されています。
脳の松果体を刺激すると言っても「頭に磁気を直接かけるのではありません!」ので、注意して下さいネ!

関節炎の痛みの改善例

ここでは、変形性関節炎といって、関節内部の軟骨の変性が原因となって、特定の部位に、熱、炎症、水溜まりを起こしてしまうケースをご紹介します。この場合、通常は、まず熱感を冷まさせます。熱がひいて炎症が納まらないとなかなか回復に向かわないからです。

バイオイーザーを当てたところ、この『熱感消失』⇒『炎症軽減』⇒『水腫減退』⇒『疼痛軽減』の治癒プロセスの内、最初の『熱感消失』が非常に早く(熱感が消えにくい人でも)、3、4回の使用で消えた事例です。

熱が早く引けば、それだけ治りも早くなるわけですから、これは今後の治療に非常に有効であることが期待できます。
このほか、五十肩、ヘルニア、ムチウチ症、座骨神経痛などにも、効果的であるとされています。

バイオイーザーに最も期待したいのは、軟骨の再生です。軟骨は肘、膝、股間などの関節部分、椎間板にもっとも多く存在し、骨と一緒に体を支えています。椎間板ヘルニアも関節症も、軟骨の異常によって起きる症状です。

軟骨が磁気の力によって再生されれば、バイオイーザーは、ホントウに凄いことになります。いろいろ試してみる価値はありそうです。

痛みの発生メカニズムと痛み改善

痛みの発生メカニズムと痛み改善

痛みの多くは、何らかの病気に伴って発生し、それがひどい時には堪えがたいものになります。例えば、がん患者さんはガンの進行に伴って続く痛みと対峙しなければなりません。痛みには、神経痛、内臓痛、手術による痛み、床擦れの痛みなど沢山の痛みがあります。日常生活でよく体験する筋肉痛を例に、その発生のメカニズムをご紹介します。

筋肉痛は、一般に筋肉の異常な緊張や拘縮(縮み)によって起こるとされています。また、人体の主柱といわれている脊椎で、背骨が筋肉の異常な緊張によって影響され、骨の配列が少しずれたりすると、脊椎部分を通る中枢神経に負担がかかり、神経障害を引き起こすことがあります。

さらに、筋肉の拘縮や偏在が、神経や血管に影響し、筋肉内部の神経が圧迫され、知覚神経の疼痛、コリ、麻痺などの障害を起こしたり、あるいは血液やリンパ液の流れが阻害されると、機能的疾患から内臓疾患の原因にもなってしまいます。

痛み発生のメカニズムを簡単にいえば、何らかの不健全な原因で、中枢神経を刺激すると痛みが発生すると考えられます。血行促進などにより、痛みが緩和するのは、筋肉の異常な緊張や拘縮という、痛みを発生させる原因を取り除くことができるからです。

例えば、火傷の痛みは、火傷した皮膚の新陳代謝の活性化に大変有効で、火傷を早く改善する場合の基本中の基本になります。「バイオイーザーは細胞の再生に有効」で、血行を促進することが火傷した皮膚の細胞がとても早く再生されることが分かっています。

慢性腰痛の方は、毎日、朝晩2回バイオイーザーを腰にあてるだけで腰痛が気にならなくなったなど、バイオイーザーは筋肉痛だけに限らず、あらゆる疾病に伴う痛みの発生を抑制できると好評で、ご家族で使っておられる方も少なくありません。

電磁波はすべて危険なのか

自律神経失調症の原因は心にあるのか? 体にあるのか? そのあたりは個人による違いもあり現代医学は明確な答を示せてはいません。しかし、磁気治療によって自律神経の乱れが調整され、諸機能が回復に向かうのは、まぎれもない事実なのです。今後、磁気と神経系統の研究がもっと進めば、磁気不足が自律神経にどのような影響を及ぼすのかがはっきりするでしょう。

磁気治療の有効性が指摘される一方、「磁場は人体に有害だ」とする説があります。
ここ10年ほど、日本でも問題視する声が出ている「電磁波公害」(または電磁場)です。「携帯電話を、頭にピッタリ付けて毎日30分使うと、脳に腫瘍ができる」とか、「高圧線の下で生活するとガンになる」といった話を、皆さんもどこかで聞いたことがあるはずです。 欧米では20年近く前から、電磁波の害について、WHO世界保健機構が公式報告を出すほどの社会問題になっています。本当のところはどうなのでしようか?

2011年5月、WHOの専門組織である国際がん研究機構「IARC」は、「無線の電磁波によるがん発症の可能性」に関する報告をしています。これによると、携帯電話から出る電磁波によって、グリオーマ(神経膠腫)と呼ばれる脳腫瘍を引き起こす可能性を指摘しています。このような情報も、注意深く関心を寄せていないと知らないまま過ぎてしまいます。自分や家族の健康を守るためには、確かな情報を入手する必要性を感じざるを得ません。

電磁波の電は電気、磁はもちろん磁気のことで、電磁波とは簡単にいえば、電気(電波)と磁気が互いに関係しあって働く力(波長)のことです。テレビ放送に使われているマイクロ電波やレントゲンのX線、自然光(可視光線)、赤外線、太陽からの紫外線などすべてを含みます。いずれも真空や空気中を光速で動く波長で、周波数(波が一秒間に振動する回数)によって性質が区分されます。周波数の低い順序に並べると下図のようになります。

電磁波の種類と用途

このうち、ラジオに使われる中波以上のものが、人体に悪影響を及ぼすといわれています。しかし、エレクトロニクス全盛の今日、電磁波にまったく触れずに生きることは事実上不可能です。普通に日常生活を送っているだけなら、ほとんど害にはなりません。

有害とされるのは、送電線からの高圧電流と、テレビ、電子レンジ、OA機器(特に裏部分)ほか各種電化製品から漏れ出る『不用電波』を必要以上に受けた場合です。特に電気毛布・カーペット、携帯電話など、人体に密着させるものが危ないといわれています。西欧諸国では電磁波と人体に関する疫学的研究が盛んで、高圧送電線の場合、送電線の真下やすぐ近くで生活していると、「ガンになりやすい」「子供が白血病を発症しやすくなる」等の報告がなされています。

アメリカーロサンゼルス近郊のある市では、送電線の近くに住宅や子供用の施設を作ることを禁じ、カナダ、スウェーデン、ドイツ、オーストラリア、インドなど各国で、高圧送電線の近くに人が住まないよう規制しています。また、これらの国では、OA器機が一定以上の電磁波を出さないよう、メーカー側に調整を義務づけています(規制の基準は各国様々です)。こうした規制がまったくないのは先進国では日本だけで、政府と、電力会社や有力関連企業との癒着が取り沙汰されたりしています。

バイオイーザーの周波数は50~60ヘルツ、電子レンジは2.4ギガヘルツ=24、5億ヘルツ、高圧線はそれ以上です。

電子レンジ

こうしたことから、磁気治療器が出す程度の周波数が、人体に悪影響を及ぼすことは、通常、考えられません。電磁波という言葉が、周波数の低いものから高いものまでのすべてを指しているために、誤解が生じやすいのです。

ただ、電子レンジやOA機器(ディスプレイ型パソコンやコピー機)、携帯電話が思った以上の高周波を持ち、強い電磁場を出していることは、覚えておいたほうがよいでしょう。

ディスプレイの前で長時間連続作業をしていると、目がかすみ、乾燥が進んだり、頭痛を起こすことがありますし、電子レンジやコピー機の光源を見つめることは目や脳によくありません。家庭で使用する無線電話(子機)は、ハンズフリーを使用するのもいいでしょう。携帯電話で30分以上長電話をする場合、ヘッドフォン型の外部マイクを使うのがお奨めです。

電磁波公害と磁気治療器に直接の関係はありませんが、もし、器械に囲まれた生活をしているのなら、器械の特性をよく知って、自分でできる程度の防御は心掛けておくとよいでしょう。

電磁波など有害エネルギーへの対策についてご興味のある方は、こちらの「バウビオロギーによる健康的居住環境とは?」も参考にされてみてください。

自然治癒力を高めれば健康になれる

お医者さんの中でも、原因不明の病の蔓延で、本当に効果のあるものなら、治りさえするなら、とりあえず試してみたいという風潮が少なからずあり、広がりつつあるといいます。

現代医学で、患者さんを救えずに無念な思いをした心ある医師なら、誰もが同じような気持ちを抱いているはずです。予防医学の必要性が叫ばれて久しくなりますが、医療従事者として、患者さんの自己防衛(免疫)機能、いわゆる自然治癒力を高めることのできる人が多くなって欲しいものです。

いかに医学的に優秀な薬や治療法でも、それが個体の生命力を著しく弱めることがわかったら、使用を控えたり、抑えてみる。逆に、医学的に本流でない療法や特定健康補助食品であっても、個体によい効果を示すことが明らかならば、導入を続ける。 これこそ、患者さん個々に見合った治療法、セルフメディスン(ひとり一人に適した治療)の極意ではないでしょうか!

今までの例から、磁気治療が、人間のホメオスターシス(恒常性=生理的状態を正常に保とうとする能力。たとえば暑ければ汗を出し、寒ければ筋肉を硬直させて体温調節をしたり、抗体を作ったりする)を高めているのは明らかです。

磁気による血行促進で自律神経が調整され、免疫抗体や細胞そのものが活性に向かう、この現実を受け入れ、必要とあらば患者さんに試してみる。そんな、西洋医学に頼りすぎない柔軟な態度が、医療従事者の方に求められる時代が、来ることを願うばかりです。

磁気治療のメカニズムは、いずれもまだ未知数な点が多く、人間を対象とした臨床研究も十分とはいえないのが現状です。しかし、磁気治療器「バイオイーザー」は「血行を良くして体のコリを取る」効果は否定できません。磁気治療器「バイオイーザー」は、肩こりや、冷えに悩んでいる方に30年以上支持されています。頑固な慢性病、『医者泣かせの原因不明の病いを改善に向かわせる磁気の力』が支持されている証拠だと思います。

あなたも一度、磁気治療器「バイオイーザー」を試して見られてはいかがでしょうか?
お子さんからおじいちゃん・おばあちゃんまで、ご家族の皆さんでご利用になれるので便利かと思います。

肝心なことは、「磁気不足が原因の病気は、磁気をかけて磁気不足を解消する」ことが症状改善に大切なのではないでしょうか?

バイオイーザー

バイオイーザー

「疲れた」「足腰が痛い」「肩こり、首コリ」が辛い、そんなとき直ぐにお役に立て「家庭でできる痛みの解決法」として、磁気治療器「バイオイーザー」は多くの方に喜ばれています。

商品について詳しくはこちら

バイオイーザーの詳細はこちら

商品のお問い合わせはこちら

バイオイーザーご購入については、
こちらからお問い合わせ下さい。

「バイオイーザー」の一ヶ月間レンタルもあります。
バイオイーザーのレンタルは、お求め安い!お買い得特典もありますので参考にしてみてください。

取扱い商品はこちら