ホーム>最新情報>新商品の案内

新商品の案内

WHOも認める「ツボ」と「波動」データ活用ツールご紹介!

からだのツボ情報と波動データの活用ツールご紹介!

「ツボを主体とした治療法」は現在、鍼灸や整体、カイロプラクティック、さらには指圧、マッサージなど数多く存在しています。いずれも治療家によって独自の施術方法が行なわれており、ツボ固有の適応症例や効果効能は、ネットや書籍などで数多く公開されています。

ところで、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッド(波動共鳴法)で扱う経絡や経穴(ツボ)も、古くから伝統的に用いられている「鍼灸のツボ」と変わりありません。


波動で用いるバイオレゾナンス器「レヨメーターやレヨコンプ」(波動測定器)では、生体エネルギー(気)を周波数値(0~100ヘルツ)で測定できます。同じツボを診ても、体に触れることなく測定値(周波数の数値)で扱っているのが特徴です。

波動医学(気)と東洋医学(ツボ)のデータ共有!

そこで、波動測定器で特定された「気のとどこおり」のあるツボ(部位)と、鍼灸や整体、マッサージなど「ツボを主体とした治療法」の経絡・経穴情報をリンク(ドッキング)したシステム「気穴漢の健康法支援ツール」を開発しましたのでご紹介します。

 

東洋医学と波動医学のコラボ

 

気とツボのデータ共有の魅力!

  • 「気の滞り」のあるツボの内容は、鍼灸のツボの「症状別適用例の効果効能)」データから詳しく参照できるので、鍼灸ツボの知識を波動データと併せて活かすことができます。また、その逆に、
     
  • 「鍼灸のツボ」で得られた多くの臨床事例(治験)を該当する周波数データとして見ることができるので、ツボに関連する部位(筋肉・骨格、動脈静脈血管、リンパなど)まで知ることができます。
     
  • 「症状とツボ」に関する周波数データとツボの治験データを活用することで、初診時の取っ掛かりが容易(トリガー)になり、そこから段々に原因や対策が詰めやすくなります。
     
  • 身体に針を刺すことに抵抗のある方には、簡単に「人体図」でツボを表示して「鍼灸のツボ治療」を波動的に施術できます。
     
  • 漢方薬を併用される方には、「病状と症状」の選択により、簡単に「漢方薬」が選択できます。また、生薬の効果効能を調べたり、生薬の選択から漢方薬をすばやく見つけることもできます。
     
  • 「ツボ」や「周波数」を自由に選択できるので、「独自の症状別のパラメーターリスト」が作成できます。
     
  • 被験者の履歴が保存できるので、データ管理が簡単です。
     
  • 被験者の前回データと今回データを比較したり、似たような登録データの比較を行うことができます。2つのデータ比較で「一致、不一致」が直ぐに分かりますので、対処方法や新たな知見が得られたりして便利です。
     
  • システム登録データベースから、任意のキーワードで抽出したデータや、自分で測定した周波数データなど個別に登録できます。複数の部位で詳しく調べたり、データ加工(組み合せや選択)が便利です。
     
  • 鍼灸や整体など資格がない方でも、ツボの専門家の知識が簡単に流用できるので、波動の知識とあわせ、「見える化」(ビジュアル化)して分かりやすくなります。治療家の方やこれから、事業を始められる方にもおススメできるシステムです。

ご関心のある方は、こちらの「鍼灸のツボと波動データの一元活用ツールご紹介!」からご覧になれます。

取扱い商品はこちら