ホーム>栄養サポート

栄養サポート

栄養サポート

「免疫栄養ケトン食」栄養指導のご案内

がん治療のための「免疫栄養ケトン食」の栄養サポートを受けられる方は、「ケトン食ががんを消す」をよく読まれてからお願いたします。 あらかじめ、「免疫栄養ケトン食」について知識がある場合、受診時の栄養サポートが効果的に行なえますのでご協力のほどお願い致します。

栄養指導に関する注意事項

外来受診の条件のチェック項目!(条件を満たすこと!)

免疫栄養ケトン食療法の栄養指導希望の方は、まずは「受診条件のチェック」をお願い致します。

PET-CTの理論を応用したがん治療栄養学で、奏効率70%以上を目指すため、以下の1~12が必須条件となります。(11、12に関しては、状態により栄養指導内容が追加になります。)

  1. 齢が75歳までの方で、認知症がないこと
  2. がんのステージが下記の条件を満たす方
    ステージⅣの進行がんの方で、ステージⅣが判明して1年以内の方(PET-CT検査を受けていることが望ましい)
    ステージⅢの進行がんの方で、腫瘍マーカーが異常値の方
  3. 腫瘍マーカーが正常値の上限の100倍以下であること
  4. 主病巣、転移巣を含め、腫瘍の最大径が10cm以下であること。個数は問わない。
  5. Eastern Cooperative Oncology Groupの基準のパフォーマンスステータス(performance status:PS)が0~2
    ※Performance Status:PS:全身状態の指標の一つで、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。

    0: まったく問題なく活動できる。発症前と同じ日常生活が制限なく行える。
    1: 肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行う ことができる。
    2: 歩行可能で、自分の身のまわりのことはすべて可能だが、作業はできない。
    日中の50%以上はベッド外で過ごす。
    3: 限られた自分の身のまわりのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす。
    4: まったく動けない。自分の身のまわりのことはまったくできない。
    完全にベッドか椅子で過ごす。
  6. 諸臓器機能が正常で、糖尿病がなく、腎機能障害や透析を受けていない方。
    ※糖尿病は、インスリンや内服薬を導入されている方や、心筋梗塞やバイパス術後、肺気腫などで、運動制限がかかっている方は、受講できません。
  7. 最近3か月で体重減少が5%以下である。
  8. BMIが18kg/㎡以上である。(BMI=体重kg÷身長(m)÷身長(m))※単位はメートル。
  9. 腸閉塞の既往がないこと。
  10. 抗癌剤治療や放射線治療を受けている方または受ける予定の方。
  11. 胸水や腹水の治療歴がないこと。
  12. 悪液質ではないこと。血液データで、Alb3.5以上、CRPが正常値、Hb10以上。

栄養指導希望の方は、まずは「受診条件のチェック」をお願い致します。

チェックができた方には、下記のクリニックのフリーダイヤルより、ご予約して下さい。

また、受講条件を満たさない方でも、栄養相談は受け付けていますので、ご予約下さい。

栄養指導の診察案内

診察案内

古川健司医師は、現在、多摩南部地域病院で金曜日に外来診察を行っていますが、保険診療のため、十分な栄養指導ができません。

そのため、じっくりと栄養指導を受けたい方や高濃度ビタミンC点滴療法や免疫細胞療法、遺伝子治療との併用をお考えの方は、毎週、木曜日に下記のクリニックで、外来診察を行っていますので、電話にて予約して下さい。

輝鳳会 池袋クリニック

電話:0120-582-820

東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル7階

受付時間/9:00~18:00(日・祝日を除く)

料金:栄養指導 1時間 3万円(税別)

ご存じですか?食事の大切さ

ご存じですか?食事の大切さ

肥満や糖尿病などの生活習慣病が問題になってから、生活習慣病の治療として栄養療法が注目されています。

栄養療法はカウンセリングに始まり、過不足になっている栄養素を食事によって制限・補充することで、生活習慣病改善を目指していくのですが、食事がなぜ私たちにとって大切なのかご存じですか。

私たちにとって食事とは

私たちにとって食事とは

私たちの体は、食事を介して取り入れた炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラルなどの栄養素によって構成されています。体を動かしていなくても、呼吸や心臓の拍動などで常にエネルギーを使っているため、そのエネルギーを作る役割も食事にはあるのです。

また、私たちは匂い、色、味、食感など五感を使って食事を楽しみます。食事をすることで「美味しかった」「お腹いっぱい」という満足感を得ることができ、気持ちも明るくなるでしょう。そういったことから、私たち人間がいつまでも健康を維持し、充実した毎日を送るには食事は欠かせないものなのです。

食事で大切なのはバランス

食事で大切なのはバランス

バランスのとれた食事とは、主食・主菜・副菜が揃っている食事です。パンやご飯などの主食に対して、魚や肉、卵などの主菜、野菜を中心とした副菜を食べることで、炭水化物、脂質、タンパク質から由来するエネルギー摂取割合が理想的パターンに近くなるというメリットがあるのです。

また、食事をする時には腹8分目を意識し、少しずつよく噛んで食べることが大事です。早食いや食べ過ぎなどは、肥満の原因ともなってしまうので注意しましょう。

3食が持つ役割

3食が持つ役割

食事は1日3食が基本であり、朝食・昼食・夕飯はそれぞれの役割があります。 
朝食は睡眠時に使われたエネルギーと、これから活動するためのエネルギー補給をする役割があります。そのため、朝食を食べることで脳も目覚めるので、すっきりとした気持ちで勉強・仕事に取り組むことができるのです。

日中、夕飯までの長い時間を最も活動するため、昼食でエネルギー補給する必要があります。しかし、昼食でハンバーガーなどのファストフードを食べてしまうと栄養バランスが悪くなり、腸のリズムを狂わせて便秘や肥満の原因となってしまうので注意して下さい。

そして、夕飯でしっかりと栄養を摂ることで、1日中使った筋肉や脳を回復させることができます。また、寝ている間に消費されるエネルギーの補給をする役割もあります。

BLHは、次世代の健康を考えるコンサルティング会社です。栄養療法のセミナー癌専門医による栄養サポートを行っています。また、安全かつ手軽に利用できる水素吸入器や波動測定器、電磁波測定器などの販売も行っていますので、機器の詳細やセミナーに関するご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

栄養療法のメリット

癌や心血管疾患、うつ症状などにお悩みの方から注目されている栄養療法
そんな栄養療法には、どういったメリットがあるのかご存知ですか。

自律神経を整えることができる

自律神経を整えることができる

栄養バランスの乱れや生活リズムの乱れ、体の歪み、大きなストレスなどは自律神経の乱れに繋がります。

自律神経は血圧や体温の調整、心臓の働き、食べ物の消化など体の働きを維持している神経のため、自律神経が乱れてしまうと様々な体の不調に繋がってしまいます。そんな自律神経を整える方法として、栄養療法はおすすめなのです。

自律神経のバランスを整える食事として最適なのは、朝・昼・晩の食事をきちんと決められた時間にとるということです。特に朝食は副交感神経を上げる目的があるため、しっかりととりましょう。

また、食べてすぐに寝てしまうと自律神経が乱れてしまうため、腸がしっかりと食べ物を吸収するまでの3時間は、明日の準備や家族団らん、読書するなどゆっくりと過ごしましょう。

薬だけに頼らない体作り

薬だけに頼らない体作り

私たちは、体に何か不調を感じるとすぐに薬に頼ってしまいがちです。薬は急性期の病気などに効果的に働きますが、その半面多少なりにも副作用があるということを理解することも大切です。

全部の薬に副作用があるというわけではありませんが、本当の健康とは薬にあまり頼ることなく、普段の食事でとる栄養で健康を維持することが大切なのです。

栄養療法では、血液検査データやカウンセリングなどに基づき、必要な栄養素と量を解析して、不足している栄養素を食事内容の改善などにより見直していきます。栄養療法を続けていくことで、薬だけに頼らない体作りをすることができるのです。

肥満予防

肥満予防

食の欧米化が進んでいるということもあり、最近では肥満に悩む方が多くなっています。肥満は生活習慣病の1つで、糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞など様々な病気を引き起こす可能性があります。そんな肥満予防としても、栄養療法は最適です。

栄養療法では食事の量を極端に減らすことはせず、適切なカロリーとバランスのとれた健康的な食事を3食きちんととることで、肥満を予防しようということを基本としているため、ストレスなく続けることができるでしょう。肥満を解消しようと、無理なダイエットで栄養不足に陥ってしまう方は多くいらっしゃいますが、栄養療法ではそういった心配もありません。

BLHでは、栄養療法セミナーを開催しています。管理栄養士で構成される免疫栄養ケトン食療法倶楽部を結成しており、セミナーを3回受講しながら3ヶ月間栄養サポートを受けて糖質制限を行っていきます。
免疫栄養ケトン食療法倶楽部の詳細は、セミナー内でご紹介致しますので、まずはお気軽にお申し込み下さい。

 

取扱い商品はこちら