ホーム>最新情報>新商品の案内>WHOも認める「ツボ」と「波動」データ活用ツールご紹介!
新商品の案内

WHOも認める「ツボ」と「波動」データ活用ツールご紹介!

WHOも効果を認めるツボ療法!ツボ情報と波動データの活用ツールご紹介!

「ツボを主体とした治療法」は現在、鍼灸や整体、カイロプラクティック、さらには指圧、マッサージなど数多く存在しています。

いずれも治療家によって独自の施術方法が行なわれており、ツボ固有の適応症例や効果効能は、ネットや書籍などで数多く公開されています。

ところで、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッド(波動共鳴法)で扱う経絡や経穴(ツボ)は、古くから伝統的に用いられている「鍼灸のツボ」と変わりありません。

波動で用いるバイオレゾナンス器「レヨメーターやレヨコンプ」(波動測定器)では、生体エネルギー(気)を周波数値(0~100ヘルツ)で測定できます。

同じツボを診ても、体に触れることなく測定値(周波数の数値)で扱っているのが特徴です。

波動医学(気)と東洋医学(ツボ)のデータ共有!

そこで、波動測定器で特定された「気のとどこおり」のあるツボ(部位)と、鍼灸や整体、マッサージなど「ツボを主体とした治療法」の経絡・経穴情報をリンク(ドッキング)したシステム「気穴漢の健康法支援ツール」を開発しましたのでご紹介します。

東洋医学と波動医学のコラボ

気とツボのデータ共有の魅力!

  • 「気の滞り」のあるツボ(部位)の内容は、鍼灸のツボの「症状別適用例の効果効能)」データの詳細で参照できる。
  • 「鍼灸のツボ」で得られた膨大な治験(臨床事例)を波動の周波数データから、波動的に全身に亘って詳細が参照できる。
  • 体に触ることが難しいとき、「症状とツボ」に関する波動と治験データを活用することで、初診時のトリガーになります。
  • 「ツボ」や「周波数」を自由に選択できるので、「独自の症状別のパラメーターリスト」が作成できる。
  • 被験者の履歴が保存できるので、データ管理が簡単です。

ご関心のある方は、こちらの「鍼灸のツボと波動データの一元活用ツールご紹介!」からご覧になれます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blh.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49

取扱い商品はこちら