ホーム>最新情報>新商品の案内

新商品の案内

電子水が生活を変える!サイクルイオンのパワー

健康の秘訣は電子のチカラ!

電子水は、私たちの健康を守ってくれます。実は、人間や植物(生物)の健康の秘訣は「電子」にあることがわかっています。電子を失うと生き物は元気がなくなり、人間のカラダは金属と同じように錆びて酸化が早まってしまいます。

ミトコンドリアは電子が必要

酸化によるストレスがあらゆる病気の引き金となってきます。

生命も健康も細胞のエネルギーを作り出すミトコンドリアが「鍵」を握っています。そのミトコンドリアは「酸素」や「電子」を消費してエネルギーを作り出しています。

酸化によるストレスがあらゆる病気の引き金となってきます。そこで、生命も健康も細胞のエネルギーを作り出すミトコンドリアが「鍵」を握っているのです。

ミトコンドリアが電子や酸素により合成したATPのエネルギーにより、イオン交換が行われ細胞内に栄養や酸素を取り込み、 細胞外に老廃物等を排出しています。豊富な電子はミトコンドリアの活性をうながし、私たちの健康や活力を維持してくれているのです。

世界初!サイクルイオンの特許

水道直結型の電子水装置「サイクルイオン」は、設置したら電気代も消耗品もなくランニングコストゼロ、メンテナンスフリーで60年以上使用できる凄い特許製品です。一般家庭から、マンション、ホテル、飲食店、クリニックなど水道を使うところであればどこでも設置できます。

水道管直結型サイクルイオン「電子水装置」

サイクルイオンのここがポイント!

これまでにない電子水をつくるにはどうすれば良いか?その答えが「強い磁場を作る」ことに答えがありました。永久磁石を向かい合わせ、その間に水を流すと水は発電して電子が発生します。このとき発生する電子の数は「磁場の強さに比例」するのです。

そこで、考えられたのが「磁石間の距離」です。今までの水道管をはさむタイプは磁石間の距離(30mm)があり、とても必要な電子が造れないことに着目、リサイクルイオンは磁石間の距離を図のように4mmにしたのです。(特許取得 第5939215号)

サイクルイオンのここがポイント特許

さらにサイクルイオンの特殊な構造は通貨する水が磁場を往復するため一般の活水器の3倍の数の磁石の間を通過しています。この結果、これまでの活水器で造られた電子水に比べて、実に168倍の電子を瞬時に発生するわけです。(根拠:30/4×30/4=7.5×7.5=56.25倍、56.25×3=168倍)

サイクルイオンとセラミック活水器の違い

セラミックの活水器とは「電子を放出しやすい鉱物(トルマリン、麦飯石、備長炭、サンゴなど)を混ぜて焼き上げた粒の間を水が通り、このとき水分子がこの鉱物から電子を受け取る」という仕組みです。

この方式では、鉱物から受け取る時間当たりの電子の量は「鉱物の特性や組み合わせにより一定に決まってしまう」特徴があります。このサイクルイオンの電子を作り出す能力は、磁石一組当たりの能力×磁石の枚数で決まります。

電子水「サイクルイオン」の効用!

(1)自宅で毎日「温泉」気分!
 

電子水のお風呂

湯治に大人気の温泉は「単純泉」で鉱物が少ない泉質です。「人体は、鉱物(ミネラル)よりも大切なものがある」ことを意味しています。

この大切なものこそ電子です。サイクルイオンは、従来の活水器に比べて168倍の豊富な電子を瞬時に水に取り込んでいます。

肌がすべすべしたり、湯上りがホッカホカに温まります。浴室のカビが発生しなくなりしつこいカビ落としの手間がなくなります。

(2)一般家庭、ホテル、マンションなどの光熱費節減

とくに浴室用ボイラーなどの管にはカルシウムなどに付着するスケールができにくくなったり、付着スケールが剥がれていきます。そのため、水に熱が伝わりやすくなりお湯の沸きが速くなり光熱費が5~10%節減できます。

(3)飲食・食品加工、畜農水産、美容での効用
 

電子メロン、電子いちこ

たとえば、いちごやメロンは通常出荷されている物よりひと回り大きくて姿形もよく、味もまろやかで美味しくなります。

一つひとつの細胞に働きかける電子は、動植物から人間にいたるまで生命体の本質的な改善を促す効果があります。食べ物は鮮度が上がり長持ちします。肌は保水性がよくなり、電子水は化粧品にも使われます。

 (4)病院・クリニックでの効用

口腔内の治療で洗浄として水が頻繁に使用される歯科医院では、より清潔で衛生的なところが喜ばれています。生命体に有害な水道水には細菌、カビなどを殺菌する塩素が使われており、このままでは人体にいいはずはありません。

体は約65%以上は水分です。この水分の電子が多くなれば血液がきれいになり、栄養分の消化吸収は良くなります。細胞が活性化して、健康増進と若返りに効果を発揮します。

水はクラスターが小さい(水分子の動きが速い)ほど美味しく、健康にも良いといわれています。下図に各地の雨水や水道水など客観的なデータ(核磁気共鳴装置による分析)を示しています。

体に良い水とは、水中に酸素が多く、マイナス電子がたくさん含まれている水のことです。水中に溶け込んでいる物質(水の品質)はTDSメーター(Total Dissolved Solids)で簡単に測定できます。

核磁気共鳴分析によるいろいろいな水と電子水の比較


(5)電子水を使って抗酸化力のある毎日の食事
食べ物から体に電子を供給することでミトコンドリアが元気になります。毎日の食事で、細胞や組織の機能を正常に維持され、からだの新陳代謝とリフレッシュが促進されるよう電子チャージすることで、抗酸化力のある食材と栄養を摂りいれるといいですネ!

  毎日の食事に取り入れたい食材(例)

 「鮭、ニラ・ニンニク、トマト、ブロッコリースプラウト、
  鶏の胸肉、植物性発酵食品、スルメ」など等。

まだまだ、サイクルイオン「電子水」をお勧めしたい理由はたくさんあります。ご関心のある方はこちら「家中まるごと!サイクルイオンで「健康生活」!」もご欄下さい。

問い合わせはこちらまでお願いいたします。

お問い合わせはこちら

ご購入はこちらの「BLHオンラインショップ」でお願いいたします。

商品のご購入はこちら

腕に付ける量子波動器!AllOne-275でヘルスケア!

画期的な腕時計サイズの超小型量子波動分析調整器「ALLONE-275」(O1-275)が今、話題を呼んでいます。ロシアの波動医学技術を結集した、あの量子波動器「メタトロン」に比べて遜色のない!」超小型高性能な「ALL ONE-275」は、核磁気共鳴画像法(MRI)の原理に基づいて、開発されたものでその先進性に注目が集まっています。

AllOne 275の特徴

AllOne-275ME
腕に付けて持ち運べる世界でもっとも小さい「オールワン275」は、Apple社が提供するアプリ(スマホiPhone又はタブレットiPad)と連動(Blue tooth)させて使用できます。
 
「オールワン275」は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の元研究者ウィリアム ルー(Dr.William Lu)が20年の歳月をかけて創り
上げた量子波動システムです。(図:2018/10/02入荷版)

量子振動を読み取るセンサーを搭載し、人工知能(iCloud使用、AI搭載)で超高速処理を実現、細胞から発する54,000個もの周波数をわずか5秒で収集し全身の状態をスキャンします。

からだの細胞274種類を分析、健康状態やエネルギーバランスをキャッチして、未来を予測した健康分析レポートを作成します。

6段階表示
細胞の発する波動の異常予測を分析して、健康上の問題を不安要素の高い順に表示します。
 
第1段階:最もよい状態
第2段階:よい状態
第3段階:普通な状態
第4段階:半健康な状態
第5段階:軽度な異常状態
第6段階:異常な状態

この6つの段階づけで読み取ることができるのは、量子波動器メタトロンも同じです。

「オールワン275」は、腕に装着するだけで健康状態やエネルギーバランスを日常的にキャッチできるため、日々刻々と変化するカラダの状態を知ることができます。

例えば、今日は肝臓が調子がよくないので酒を控え目にするとか、胃の調子がよくないので腹八部で我慢しようと言うようなメリハリのある健康管理が可能になります。

ALLONE-275-System

注目の最先端量子波動器オールワン275は、スマホで利用できるため、Wear(装着)とAble(〜することができる)ことから、ウエアブルデバイス(Wearable Device)と呼ばれています。
 
現代医学や最新科学でも証明できない目に見えない量子波動を扱うO1-275は、医療機器でも治療器でもありません。自己責任においてご利用する分には何ら問題ありません。
 
量子波動についてもっと知りたい方はこちらの「今、なぜ量子波動健康法」、初めての体験はこちらの「瞬時に波動分析!AllOne-275による驚きの体験!」も参考にしてください。
 
ご関心のある方、お試しになりたい方はBLH健康サロンまでお問い合わせください。

今、注目の「ライフ周波数」活用ツール

【ライフ周波数とは】

ここ数年前から、「ライフ周波数」がネット上で注目されてきています。そもそもライフ周波数とは、米国のロイヤル・レイモンド・ライフ博士(Royal Raymond Rife1888-1971)の名前からきています。

ライフ博士.jpg

ライフ博士は1920年頃、生きたウィルスを見ることができる光学顕微鏡「ユニバーサルマイクロスコープ」(Max60,000倍)を開発して、特定の周波数の光を当てることによって「ウイルスが共鳴発光する」(ヘテロダインと呼ぶ周波数変換技術)を発見しました。

ドイツの物理学者でノーベル賞受賞したマックス・プランクは1900年「光は粒子であり。同時に波である」、「すべての分子は固有の周波数で振動している」ことを見つけました。その約20年後にライフ博士は、実際に周波数を利用した顕微鏡で見えないウィルスを確認したことになります。

病気の原因である病原体(微生物)は、振動数(波長)に共振する周波数を強くしていくと、遂には耐え切れなくなって破壊されることが実証されています。これは、ある音波(歌手の声帯・声域)によってワイングラスが破壊する事例や、特定の周波数で水の流れが曲がって流れる現象からも、周波数(音波)の想像以上の威力が確認できます。

ライフ博士は圧倒的な倍率を誇る顕微鏡を通して、通常では見ることのできない微生物が活発に細胞組織を侵食していく様子を観察したり、そのウイルスを破壊する方法(同じ共振・共鳴の原理)を開発したのです。

「病原体が病気の原因であること、病原体が治療に致命的に関わっていること」の研究結果に凝縮されたものが「ライフ周波数リスト」として、現在ネット上で注目され話題を呼んでいるのです。ライフ博士について詳しいことは、以下のYouTube「抹殺されたガン治療」やサイト「誰も知らない偉人伝」で紹介されています。

Dr.レイモンドの抹殺されたガン治療
「がん治療、西洋医学の常識を覆した男」

【ライフ周波数リスト

公開されたライフ周波数リストは、英文や日本語訳があり、病名は現在約3,500件に上っています。ネットからダウンロードすれば簡単に利用できます。
 
■ ETDFL: バイオ共鳴はびこって機用の英文周波数リストのURL
     http://rifedigital.com/wp-content/uploads/2017/08/ENGLISH-ETDFL_2017-2018.pdf

■ 日本語でバージョン 2017-2018
 Rife and Zappers Blog Rife and Zappers Blog   のURL
   http://rifeandzappers2.com/japanese/

「ライフ周波数リスト」の原本は、もともと英文で一般人ではとっても手に負えません。病名や疾患名は医療専門用語なので、たとえ周波数リストが日本語訳であっても、探している病名が本当にマッチしているかどうかも分からないケースもあります。

「ライフ周波数」によるライヒングの体験事例は豊富でも、実際に使った方で思うほど期待できなかったという人もいます。その場合は選択した周波数が合ってないことが多いようです。本当のことは実際には試してみる以外ありません。

これらの「ライフ周波数リスト」の内容は、広範囲で多岐にわたる病名が多いので、最初はどれを選んで良いか迷うことがあります。特に慢性化した病状の効果的なセルフケアを行うためには、周波数(通常10個/病名・疾患)の選択だけでは十分とはいえません。
 
ライフ周波数を提供している会社の情報や実際に使用している治療家、医師などのサポートも大切になります。このような事情もあって「ライフ周波数リスト」がうまく活用することができない利用者も少なくありません。

【ライフ周波数活用ツール】

もっと便利に効果的にライフ周波数を使いたいという方には、体験談や失敗談、医師などのアドバイスなどが致命的に大切です。一般的に「ライフ周波数」は、慢性よりも急性の病気や疾患でしかも病名がハッキリしているものに即効性が認められています。
 
しかし、病気が長引いたり慢性化した方には「ライフ周波数」のより有効な使い方が必要になります。病状の選択、グループの組み合わせ、使用順序や病名内容の補足や注意点などメモ欄に保存しておくと便利だったりします。簡単にメモが残せる仕組みやその内容がいつでも引き出せる機能はパソコンなら自由にできます。
 
ネットからダウンロードできる「ライフ周波数リスト」をご利用の方で、検索や選択に苦労している方、使い方について不便を感じておられる方に「ライフ周波数活用ツール」はお役に立てると思います。
 
ご家庭では一人ひとりの健康促進・健康維持に、自分の健康は自分自身で守る「セルフケア」が求めれています。21世紀の健康づくりの一環として「ライフ周波数」を利用した健康対策は、世界的にも注目され存在感が高まってきています。
 
さらには本格的なバイオレゾナンス機である波動測定器レヨコンプPSシリーズ、ニュースキャンやメタトロンによる波動診断・調整にプラスして、「ライフ周波数の利用」は、ウィルス、細菌や寄生虫、毒素などの解毒をはじめ、身体の不調和を改善する一環として注目されています。
 
ライフ周波数データ活用ツール(単票画面)
 
「ライフ周波数活用ツール」にご関心のある方は、こちらの 「ライフ周波数活用ツールの使用例」もご参照ください。
 
ライフ博士の扱う周波数と似通った機器には、任意の波動形態を発生させる装置「AWG(Arbitrary Waveform Generator)」があります。AWGは松浦優之博士を中心に日米が共同開発したもので、世界各国に特許出願済の治療器です。国内では治療家や自由診療の医師が主に使用しています。AWGは病状に応じて約300種のコードを選択できますが周波数は分かりません。装置価格は高いもので数百万円もします。
 
このAWGに比べると十分の一以下と安価な可愛いオモチャ「ライフマシン(ライフデジタルき)」は、私たちにとってちょっと背伸びすれば身近な存在になりました。ライフのオモチャで「ライフ周波数リスト」を使いまわす?ことで健康の不安要因が軽減できたり、解消されれば最高です。
 
食習慣をはじめ、暮らし方を改善しながら、「ライフ周波機のおもちゃ」で家族みんなで楽しく遊んで健康に過ごせることを願っています。
もっとライフ周波機のことを知りたい方は、こちら「家庭でできる癒しのオモチャ!ライフ周波機とは?」をご覧ください。
「ライフ周波数活用ツールとオモチャ」はこちら↓↓↓からお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

 
 

WHOも認める「ツボ」と波動データ活用ツール!

世界初!からだのツボと波動周波数データ活用ツール!

気穴漢健康法「ツボデータ活用ツール

 

「ツボを主体とした治療法」は現在、鍼灸や整体、カイロプラクティック、さらには指圧、マッサージなど数多く存在しています。いずれも治療家によって独自の施術方法が行なわれており、ツボ固有の適応症例や効果効能は、ネットや書籍などで数多く公開されています。

ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッド(波動共鳴法)で扱う経絡や経穴(ツボ)も、古くから伝統的に用いられている「鍼灸のツボ」と変わりありません。波動で用いるバイオレゾナンス器「レヨメーターやレヨコンプ」(波動測定器)では、生体エネルギー(気)を周波数値(0~100ヘルツ)で測定できます。同じツボを診ても、体に触れることなく測定値(周波数の数値)で扱っているのが特徴です。

波動測定器で特定された「気のとどこおり」のあるツボ(部位)と、鍼灸や整体、マッサージなど「ツボを主体とした治療法」の経絡・経穴情報をリンク(ドッキング)したシステム「気穴漢の健康法支援ツール」で、ノートパソコンで気軽に使えるシステムです。

2017121514133.jpg

気とツボ、漢方までデータ共有の魅力!

  • 気の滞りのあるツボは、鍼灸のツボ「症状別効果・効能」データから詳しく参照できるので、鍼灸ツボの知識を波動の周波数データと合わせてみることができます。また、その逆に、
     
  • 鍼灸ツボで得られた臨床事例のツボから、それを周波数データとして見ることで、ツボ以外の関連情報(筋肉・骨格、動脈静脈血管、リンパなど)まで参考にできます。
     
  • 症状や病名、または部位で検索することで、初診時の取っ掛かりが容易(トリガー)になり、そこから段々に原因や対策が詰めやすくなります。
     
  • 身体に針を刺すことに抵抗のある方には、簡単に「人体図」でツボを表示して「鍼灸のツボ治療」を波動的に施術できます。

 

14経絡のひとつ「督脈」のツボを周波数データを合わせて赤印で表示した例

一目で分かる!14経絡のツボ情報

 

  • 漢方薬を併用される方には、「病状と症状」の選択により、簡単に「漢方薬」が選択できます。
  • 生薬の効果効能を調べたり、生薬の選択から漢方薬を簡単に手っ取り早く見つけられます。

「足腰の冷え」で漢方薬を表示した例

漢方薬の症状別検索プログラム

 

  • 「ツボ」や「周波数」、「ツボの効果効能」を自由に検索、選択(絞り込み)ができるので、独自の「症状別のパラメーターリスト」が作成できます。
     
  • 被験者の履歴が保存できるので、データ管理が簡単です。
     
  • 被験者の前回データと今回データを比較したり、似たような登録データの比較を行うことができます。2つのデータ比較で「一致、不一致」が直ぐに分かりますので、対処方法や新たな知見が得られたりして便利です。
     
  • システム登録データベースから、任意のキーワードで抽出したデータや、自分で測定した周波数データなど個別に登録できます。複数の部位で詳しく調べたり、データ加工(組み合せや選択)が便利です。
     
  • 鍼灸や整体など資格がない方でも、ツボの専門家の知識が簡単に流用できるので、波動の知識とあわせ、「見える化」(ビジュアル化)して分かりやすくなります。治療家の方やこれから、事業を始められる方にもおススメできるシステムです。

ご関心のある方は、こちらの「確かな実感!ツボと周波数データのフル活用で健康サポート!」からご覧になれます。

取扱い商品はこちら