ホーム>コンテンツ>今、注目の健康法とは?

今、注目の健康法とは?

健康ライフ!7つのポイント

思いの持ち方で健康になれる!

私たちのからだは、手足、胴体や内臓にいたるまで分子の集合体でできています。分子の集合体である肉体も自分の意識で動かすことができるものと、自分ではコントロールできないものがあります。

五感イメージ

① 五感

自分で自由に動かせるのは、視覚や聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五つの感覚です。これらの感覚によって体感を認識することがてきます。

② 自律神経

五感で動かすことができない胃腸の働きや心臓の拍動、血圧調整、代謝や体温の調節などは、人間が生命を保つうえで欠かせない働きを担っています。これを担当しているのが自律神経です。

 自律神経とは、自分の意識では制御できない体の動きを担当する神経のことを言います。自律神経には興奮状態の時に活性化される「交感神経」と、リラックスした時に活性化される「副交感神経」の2つがあります。車にたとえるなら、興奮や活動を促す交感神経はアクセル、リラックスや安定を促す副交感神経はブレーキの役割を持っています。

自律神経の制御

血管は交感神経優位(緊張)のとき、収縮して血圧を上げます。そして、副交感神経優位(リラックス)のときは、弛緩して血圧は下がります。

交感神経と副交感神経のどちらも、極端に優位な状態になると、血のめぐりは悪くなります。血管は収縮し過ぎず、かつ、弛緩し過ぎないという状態がいいのです。つまり、血のめぐりも適度の緊張とリラックスというバランスの取れた状態が良いのです。

③ 五感で自律神経を調整する

たとえば、体温や血圧の異常、便秘や下痢などの消化器異常などの不調が起こります。これは自律神経のバランスが乱れても起こります。

 

日頃から緊張状態が続いたり、休憩を取らないでいると、交感神経ばかりが過剰になりバランスの乱れが生じます。夜遅くまでパソコンやテレビのモニターを見ていると瞳孔が刺激され、寝つきが悪くなったりします。

腹八分目に食事をとれば、胃腸の動きがよくなり身体を動かしやすくなります。早寝早起きは3文の得。朝は太陽の光を浴びるのも効果的です。運動への意欲も湧いてきます。一日を良いスタートで切ることができます。

環境と自律神経の働きを一致させるようにして、見聞きしたり、触ったり五感を意識して朝晩の生活を少し変えるだけで自律神経を整えることができます。五感はすべてつながっているため、ちょっとの意識を向けるだけで新たな体験が生まれます。

健康は「血液のめぐり」がカギ!

生命を維持する働きを担っている「自律神経」は、自分の意志で調整できる「五感の働き」を上手に使えば、自律神経まで関与することができます。交感神経のアクセルと、副交感神経のブレーキの適度な使い方をして、互いのバランスを取ることが精神的にも、肉体的にも大変効果的で健康的です。

「自律神経バランスをとる」ことによって、精神的な安定と安らぎを生み「血液のめぐり」も良くなります。私たちは常日ごろから「思いの持ち方」にもっと関心を持つことが大切です。そこで、BLHおススメの「健康ライフ! 7つのポイント」を紹介します。

健康ライフの7つのポイント

「健康ライフ! 7つのポイント」

①「思い」世の中にはたくさんの健康法がありますが、何をやってもうまく行かないときは、先ずは「心の面」を確認することが大切なポイントです。「笑顔や感謝」の波動が人生だけでなく健康に大きく影響します。

食事食前食後の感謝の言葉「いただきます。ごちそうさま」は、生かされていることへの感謝です。野菜や魚、肉類を食べることは、これらの「生命」をいただくことです。その命を戴いて生かされている私たちです。感謝しても感謝しきれないだけの「自然界の恵みに感謝」してこそ生命力を最大限いただけるのです。

一口30回噛んで腹八分、唾液で病原菌を防ぎ消化を高め、口と歯、腸内環境を整えます。歯(歯周病)からはじまる全身病を未然に防ぐため。自分でできる「歯と口のケアが健康寿命の第一歩」です。

③「胃腸」食べ物を消化して吸収する大切な器官(魔法工場)です。栄養と水分を吸収して便を排泄します。からだには2000種以上の細菌がいます。生命や健康は、微生物と共生で維持されています。食べ物以外のものは「腸内細菌のバランスを乱す」もとです。腸内細菌の乱れは自律神経のバランスまで乱してしまいます。

④「血液」血液がきれいでサラサラであれば健康です。白血球や赤血球がしっかりしていれば細菌やウィルスの有害物から身を守ってくれます。血流は体内各組織への大切な流通網であり「血のめぐりは健康のカギ」になります。

⑤「細胞」病気は体内環境(とくに血液)の悪化がもとで、細胞が病原菌などに変化した結果という分化・可逆説があります。この学説をもとに、病気の原因である病原体を波動の共振現象で消滅させることを目的に1930年代に開発された周波数発生器の現代版「ライフデジタルやAWG」が現在注目されています。細胞の分化・可逆による再生で病気の完治が期待されています。

⑥「ミトコンドリア」細胞のすべてに存在する細胞小器官です。エネルギーを生産する「人体の発電所」とも呼ばれています。ミトコンドリアの機能が低下すると「活性酸素」が増えてしまいます。細胞を傷つけ破壊する活性酸素は「水素の摂取」で除去できます。
 
⑦「ソマチッド」1,000℃の高熱、無酸素、超高圧にも絶える不死身の超微小の生物です。ソマチッドは強いマイナス電子を帯びている物質で地球最古の生命体で、プラーナ(気のエネルギー)の正体とも言われています。「感謝や喜びの波動」で体内環境が改善されると、ソマチッドの活性化により「生命力の向上」が期待できます。
 
以上の7つのポイントは、食べることに始まる「肉体面」と思いや考え方からはじまる「心の面」の両面から、健康のあり方に焦点を絞って紹介しました。日常生活でいつでもどこでも活かせることばかりです。関心のある方は是非、チャレンジしてみてください。分からないことがありましたら、BLH健康サロンにお問い合わせください。
 
お問い合わせはこちら

おススメ!注目の健康法

近年、生活習慣病にとどまらず、疲れや冷え症、腰痛、肩コリなど健康不安に悩まれている方は少なくありません。バイオロジックヘルスでは、次世代の健康づくりに役立つ、話題を中心に「今、話題の健康法」についてご紹介しています。

今、注目の健康法 その1「水素の還元力」

水素摂取法と摂り込み量比較

水素の取り込み方法は、水素水、水素風呂、水素吸入の3つが一般的です。一時間当たりの水素摂取量をカタログ仕様の濃度と量で計算すると、水素の摂取量は水素吸入が圧倒的に多く、水素水に比べて約80~100倍の水素摂取量になります。
水素吸入>水素風呂>水素水

水素を効率良く摂取するには、水素吸入は欠かせません。水素水で物足りないと思っている方や、これから水素を体験したい方は、水素吸入はオススメです。

水素の効果

私たちは息をするだけで活性酸素は体内に発生していますので、生きている限り年々老化(酸化)しています。水素は悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を選択的に除去(還元)できる副作用のない唯一の抗酸化物質です。活性酸素は、数多くの疾患の発生、進行、悪化に関係することがわかってきています。水素の摂り込み方法と水素の働きは次のようになります。

【1】水素吸入は鼻粘膜・呼吸器管から血液に全身のデトックス
【2】水素風呂は全身の皮膚、肌や頭皮の細胞の活性化
【3】水素水は消化管や胃腸の壁・粘膜の保護

以上のように水素の摂取方法や目的により、水素摂取を使い分けることができます。体調不良や病気が続いておられる方は、日常的に蓄積される活性酸素が溜まり易いため水素水だけでは、充分とは言えません。

私たちは毎日の食事によって、膨大な数の水素原子を体内に摂り入れていることはすでに知られています。水素の摂取量とカラダへの反応レベルは比例します。(若山利文水素研究所所長の著書「マイナス水素イオンの効力」から)

不自然なこと不健康なことをすると、活性酸素は溜まりやすくなります。老化(体のサビつき)を遅らせるためには、水素を摂り込んで過剰な活性酸素をタイミングよく消去することです。活性酸素が溜まったままで、放置すると酸化が促進してしまいます。

 今の時代、一家に一台、水素吸入器!

活性酸素

活性酸素の「悪玉」と言われているものは『ヒドロキシラジカル』です。その他の活性酸素(スーパーオキシド・過酸化水素)は水素では除去できません。

悪玉の活性酸素は、ヒドロキシラジカルで、その酸化力は善玉の100倍あると言われています。極めて反応性が高く、体の組織を酸化させることで、老化やがん、リウマチなどいろんな病気を引き起こす原因になります。

水素は、還元力に優れているビタミンCやビタミンEなどよりも、副作用がなく、活性酸素と直接結びついて反応し、無害な水に変えてしまうパワーがあります。

■ 日常生活における期待効果

疲労回復(特に、肉体労働、夜間勤務)、二日酔い、タバコの副作用やインスタント食品や食品添加物入りの食事をする機会の多い方には、水素の還元力、デトックスに効果を発揮する副作用のない水素が最適です。

体脂肪を燃焼させるために、油分が多い食べ物と一緒に水素水を飲むことでも、脂肪の吸収を抑えることができます。エネルギー代謝の促進効果で水素のダイエット効果が期待できます。

■ アンチエイジング(若返り)効果

肌年齢の改善、腸年齢の若返り、血管年齢の若返り、認知症・パーキンソン病の予防、抜け毛予防・育毛にも効果的に働きます。コレステロール(LDL)の高い方は、活性酸素の為に血管が酸化しやすくなります。

血管の老化が進み、動脈硬化が進んでしまうことのないよう水素を取り入れて活性酸素を除去することが大切です。血管の老化度、つまり動脈硬化がどれだけ進んでいるかをあらわす血管年齢をいつまでも若々しく保つためにも水素は効果を発揮します。

■ 活性酸素が起因する疾患と水素の役割

活性酸素が原因でおこる病気は、がんや糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞に見られる動脈硬化・血管の炎症系疾患などの生活習慣病、皮膚のトラブルを始め、多くの疾病を引き起こす疾患の約90%は、活性酸素が原因とされています。

活性酸素による体内の老化は、活性酸素そのものの大きな要因であることはすでに医学会においても定説になっています。水素摂取によって活性酸素(ヒドロキシラジカル)を消去することは、健康ライフを維持するためには大切な「次世代の健康づくりの重要なカギ」になることは間違いありません。

21世紀はエネルギーの時代と呼ばれています。水素はクリーンエネルギーとしての大きな役割を持っています。'14年に策定された国のエネルギー基本法により「水素社会実現」が推進されています。詳しいことはこちらの「水素のチカラで健康生活」でご覧になれます。
 

糖質制限で検査値の改善

今、注目の健康法 その2「糖質制限」.jpg

この最大の標的は、生活習慣病の中でも懸念される「糖尿病」です。糖尿病は、世界中で多くの失明者、四肢切断者を生み、社会的コストを増大させている元凶になっているからです。さらに世界的な医療費の高騰が、この流れを一段と加速させる可能性も大きいとされています。糖質制限が社会全体に広がれば、日本国内だけで、糖尿病の合併症の医療費や薬剤費の減少により1,500億円程度の医療費削減に結びつくとの試算もあります。

医食同源が治療の基本!

健康は血肉の元になる「食が基本」です。日頃からバランスの取れた美味しい食事を摂ることで病気を予防し、治療しようとする「医食同源」という考え方があります。これ自体は中国の薬食同源の思想から発しています。糖質制限はまさに「医食同源」による本来の「健康づくりの基本」です。

食文化の進んだ飽食の時代、検査やクスリに依存した保健診療漬けの今日、改めて「医食同源」の教えを活かすことが大切になります。食事の摂り方、調理の仕方で生活習慣病の未然防止や改善もできてしまいます。その証拠に昨今、テレビや書籍でも紹介されることが多くなりました。

糖質制限が叫ばれる中で、はじめから治療ありきの医者任せの他人任せでいいはずはありません。

欧米では、糖質制限による治療が標準治療の選択肢として認められている中、日本の糖尿病学会は、何がリスクかはいまだに明確ではありませんが「糖質制限は安全でない」という否定的な立場をとっています。

糖類がもたらす健康リスクに関心を高めることは「次世代の健康づくりの鍵」となります。健康になれる「医食同源」の食事療法、食べ物で検査値が改善したら凄い感動です。まずはダイエットやガンのエサになる甘いものを減らしてみるなど、あなたも体験してみてはいかがですか?
 

免疫栄養ケトン食

世界初!「免疫栄養ケトン食」で末期ガン消滅!
究極の糖質制限!がん細胞兵糧攻めでステージⅣがん治癒率83%!

糖質制限にも段階があります。一般的には、緩やかな糖質制限(ロカボ)があります。この糖質制限をゼロに近づける究極の糖質制限になると、末期ガン(病期4)のがん治療にも効果が現われるという臨床研究データが発表されています。

世界初!「免疫栄養ケトン食」で末期ガン消滅」

がんの治療食とした「免疫栄養ケトン食」は、新書「ケトン食ががんを消す」の発売(2016年10月18日)により、公開されました。本書にも明記されていますが、ガンに特化した「免疫栄養ケトン食」は、一般に用いられているケトン食とは「似て非なる食事療法」です。もう少し詳しいレシピはこちらの「免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ」があります。

本書の内容に従って、ご自分で食事療法をされることは自由ですが自己責任になります。がん治療のための「免疫栄養ケトン食療法」は、医師の指導のもとに行なわれることが前提になっていますので注意が必要です。

健康づくりのヒント

暮らしの中の「不都合な真実」!

「今、なぜ?」それは、今の時代に相応しくないことがあまりにも多いことからの素朴な疑問です。あなた自身、あなたの大切な家族や職場や社会で、今起こっていることに疑問はありませんか? 

技術革新が飛躍的に進歩し、便利な社会があらゆる面で発展してきたのに、今なぜ病人は減らないのか?なぜ、健康な人より不健康な人のほうが多いのか? なぜでしょうか?一緒に考えて見ませんか?

【1】 医療技術の進歩が著しいのに、なぜ、国の治療費は毎年増加しているのか?
【2】 治療薬や検査・治療機器の技術革新が著しい今日、なぜ病人が減らないのか?
【3】 文明大国である日本がなぜ、世界一のクスリ漬け大国になっているのか?
【4】 医療否定本がなぜ、治療現場の医師や医療関係者から出ているのか?
【5】 病院から見放された患者さん(医療難民)はどうして生まれるのか?

こんな現実はいつまで続くのでしょうか? このままでは病人が減るどころか健康維持も危ぶまれます。高度成長した便利な社会だからこそ、できることもあり逆にできないこともたくさんあります。

そこで、「今、なぜなのか?」を問うことより、「人間が作り出した、現実」に向き合うことが重要」です。その上で「暮らしの中の不都合を改善する」一人ひとりの思いと行動が一番手っ取り早い解決方法ではないでしょうか?

以下にご紹介する内容がこれらの問題を解決する大きな支えになるはずです。

今、注目の健康法 その4「健康づくりのヒント」

がんを治すには、がんサバイバー(生還者)に学ぶのが早道!

がんが治った人、治らなかった人の違い.jpg

e-クリニックの岡本裕医学博士は、「がんを治すには、治った人から学べ」という観点から、末期ガンの方で死の宣告から生還された方、がんを克服した方を対象にしたアンケート調査を紹介しています。

調査の結果(右図)、がんが治った人と、治らなかった人との決定的な違いは、「がんになってから、生き方を変えた」ということだったと結論づけています。ここにがん克服の秘訣があるようです。

秘訣と言っても特別なことではありません。食生活を見直したり、不節制な生活をしないよう心がけるなど、自分のライフスタイルを切り替えることが大切になります。死の宣告から生還できたのですから、これ以上の人生万般に通用す生き方の秘訣」はありません。その生き方を変えるための優先順位は、

【1】考え方(「思い次第」で人生は変わる!)
【2】食事(食は医に通じる!)
【3】治療法(治療も大切!)
【4】家族(支えは大きな自信!)
【5】努力(自力は他力を活かす!)

これを見る限り「自分が主治医」であることに疑いありません。前図で、医師は「運」より小さく少々酷評すぎるが大病・難病は、本人の病気を克服したいという強い意志が最優先する、治療だけで治すのではないことだけは明らかです。

暮らしの中の「古くて新しい新常識」?!
自然界には健康づくりの秘訣がある!

古来、人間の理屈に優る自然の法則は、昔から親から子へ子から孫へと知らないうちに受け継がれています。非科学的?な中にも説得力があります。ここに「考え方」を改めるヒントがあります。例えば、

【1】 形あるものは必ず壊れる!(カラダや物は消耗品!)
【2】 水は高いところから低いところに流れる!(無理は続かない!)
【3】どんな大きな川でも源は一滴の水しかない!(何でも初めはゼロから!)
【4】 チリも積もれば山になる!(ちょっとの積み重ねで大きな違い!)
【5】 桶の水は手で前方に押し出せば周囲から手前に戻ってくる!(出したものは必ず戻る!)
【6】 種をまかなければ(動かなければ)何も始まらない!(棚ボタはない!)
【7】 意識しないものは、この世に存在しないと同じ!(気づけば道は開ける!)

など等。これらは自然界の常識であり否定する人は誰もいません。人間が考える常識はいくら理論的で理屈を捏ね回しても、いずれ矛盾や行き詰まりを生じてもおかしくありません。それが人間というものだからです。

しかし、自然に誰もが一様に納得(得心)できる「決まりごと(自然界のルール)」の中に、実は次世代に相応しい健康づくりの生き方が隠されています。日常生活の中で、先に掲げた「自然界のルール」に反する思いや行動に気づいたら、素直に即、改める習慣によって「真の健康ライフ」が約束されると信じています。

自分の本質に気づく健康習慣とは!?

2017326105453.jpg

 

私たちは、自分の無意識にはほとんど気づくことはありません。ところが日常生活のほとんどは、無意識のうちにことが進んでいます。これは、潜在意識の仕組みで一旦、覚えたことに対して無意識にカラダが反応しているに過ぎません。無意識といっても気を失っていることではありません。

無意識とは、自分が自分の行為に気がつかないことです。一度、身体にインプット(プログラム)された情報は、更新されない限り、同じ行為が繰り返されることになります。

潜在意識は、善悪の判断はありませんから、意識(顕在意識)が良いか悪いか判断しない限りブレーキはかかりません。しかも、無意識(潜在意識)のチカラは、意識(顕在意識)の100倍くらい? とっても勝てる相手ではありません。味方につければ強力な助っ人ですが、敵にまわせば本当に怖い存在です。

世の中の事件や事故でも、無意識に「やってしまった」とか、無意識に「言ってしまう」「手が出てしまう」など耳にすることがあります。悪意や故意でなくても過失のほとんどは無意識の内に結果を呼び込んでいます。

例え、物事を知り尽くした学者先生であっても、ちょっとした性癖で捕まってしまったり、ギャンブルに手を染めてしまうのも、無意識の底知れぬパワーなのです。だからこそ、日頃からコツコツといい癖(潜在意識に植えつけること)が欠かせないのです。

無意識を意識する!

故事ことわざに「無くて七癖」があります。癖が無いように見える人でも、少しは癖を持っているものです。

 

2017326181518.jpg

自分の生活習慣の中に見え隠れする「くせ(癖)」は自分ではなかなか気づくことできません。気づいたとしても、あまり気にしないか、仕方ないと思ってそのままにしています。

そこで大切なことは「無意識を意識する習慣」です。

無理をしたり、不健康なこと「間食・ツマミ食い、食べ過ぎ・飲みすぎ、早食い、インスタント食、睡眠不足、運動不足、イライラ、短気など」、他人から見れば「いい癖」か、「悪い癖」かはすぐにわかります。

自分に気づかない癖は、はじめは身近な家族や友達とお互いに指摘し合ってもよいと思います。

意見交換するにしても、相手を批判したり裁いたりしては何の意味もありません。気づかせて上げられることが狙いです。

自分の本質は表情に出る!

無意識のうちに出ている自分の行為や表情が、実は「自分の本質である」ことに気づくことが大切になります。いつも暗い表情の方で、心身共に明るい健康な方はおられません。その逆も真なりです。

今日から、「無意識を意識」する訓練をはじめて見ませんか? 一つひとつの気づきの中から、これまでの人生にちょっとした「変化」が出てくればそれでいいのです。 一つひとつの気づきと改善の習慣が「自分による自分自身のための健康づくり」 、ひいては「新たな人生づくり」に繫がってきます。

決して、難しいことではありません。朝、目覚めたら「布団の中で「背伸びをしたり、手足の指の屈伸運動」をしてみるのもいいでしょう! 「おはようございます」と挨拶をはじめてもいいでしょう。アイディア一つで沢山の気づきが生まれます。

すべての原因と解決策は自分にある!

2017326182320.jpg

「無意識を意識する」ことをはじめると、「自分のやっていること、考えていることの癖」がそれとなく分かってきます。

それに気づくことで毎日の生活が楽しくなります。

 

「すべての原因は自分にある」と気づき、「すべての解決策も自分にある」と思えるようになると最高です。

「良かったことは自分のせい」、「不都合なことは他人(まわり)のせい」にして、何事にも感謝できない間は、本当の健康、幸せは来ない!」と、

深層意識は働きかけているようです?! これも「気づき」なんですが.....。

疲労回復など、水素で活性酸素の消去をお考えなら

疲労回復やアンチエイジングなどに水素の力を活用してみませんか。水素は疲労の原因とも言われている悪玉活性酵素を還元できる唯一の抗酸化物質として注目されています。疲労回復などに水素を取り入れたいとお考えの方は、是非当社へご相談ください。

取扱い商品はこちら