ホーム>今、なぜ波動健康法>波動自動測定! レヨコンプPS1000ポラー!

波動自動測定! レヨコンプPS1000ポラー!

波動測定器「PS1000ポラー」

ドイツ生まれの波動測定器「レヨコンプ PS1000ポラー

レヨコンプPS1000ポラーのビジュアル画像

波動測定器「PS1000ポラー」は、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・メソッドで使用する測定器の中で最上位機種(レヨネックス社製)、日本ではベレンクラフト社で取り扱っています。

レヨネックス社製品は、PS10、PS1000 ポラー、レヨネータ(波動送波器)、住空間調整器「デュープレックス」やレヨサン(ペンダント)など波動機器は豊富に揃っています。

レヨコンプPS1000ポラーの自動測定機能

これまでにも、いろんな波動測定機器が登場しましたが、どれも操作する人によって結果が違ったり、熟練しないとなかなか使えないものが多かったように思います。ここで紹介する波動測定器は、1975年にドイツ人のパウル・シュミットが、ダウジングをヒントに開発した「波動測定法」です。

パウル・シュミットの考え方は、自然界に存在する波動をキャッチして、それを周波数としてとらえたことです。 詳しいことは、こちらの「今、なぜ波動健康法なのか?」を御覧下さい。 基本的には、共鳴現象(レゾナンス)を利用したもので、物体や生体、人の意識が発する波動まで、周波数の値にして扱うことができます。

波動測定器レヨコンプPS1000ポラーの自動測定機能STI

レヨコンプPS1000は、自動的に「気の流れのとどこおり」を調べることができる機能がついたことによって、誰でも使えるもの、扱えるものになっています。

自動測定機能が装備されたことにより、測定者がセンサーの動きを見て「気の滞り」の有無を判断する「測定者依存」がないため、測定結果そのものがエビデンスとして認められやすくなりました。今後、自動測定機能(STI)が下位機種のレヨコンプPS10でも使えるようになることを期待しています。

 

早期発見・早期対策は波動測定器の得意技!

波動測定器レヨコンプPS1000ポラーの肝臓分析

固定周波数の波動機器に対して、波動測定器は、高い周波数から低い周波数までキャッチできますので、

「気の滞り」を調べることができます。

高い周波数から「気の滞り」がつかめるということは、私たちのカラダに症状が現れる前、あるいは身体の異常に気づく前から分かるのです。

医療機関で診断できるよりもずっと早く問題を指摘することができますので、「病院で一度診察を受けて診られてはいかがですか?」と早期検査を勧めてあげることもできます。

気の滞りが見つかっても、ハーモナイズ(波動調整)されないままで置くと、「気の滞り」が進行して、段々に周波数は低下していきます。

病気が何年にも長引くと、周波数値が減少して、それに伴ってハーモナイズの所要時間が長くなることを表しています。これは、症状が出ても放っておくと病状が悪化して治りにくくなることと同じです。ドイツ振動医学の健康法は、総合医学的な観点からも未病対策、予防医学のためにも、すばらしい可能性を持っています。

波動にご関心のある方、今までの治療法に代わるものを求めておられる方にはオススメの「最高峰の波動測定器」です。 

レヨコンプPS1000ポラーの価格

メーカー本体価格 3,510,000円(税込)
自動測定モジュール価格 844,560円(税込)

商品のご購入はこちらから

PS1000ご購入の方はこちらから

商品のお問い合わせはこちら

PS1000に関するお問い合わせはこちらから

波動健康法の体験事例

ドイツ振動医学における波動測定器の最上位機種である「PS1000ポラー」の凄いところは、全身の生体エネルギー「気」の滞りを自動測定「STI」でチェックしてくれることです。

体験例1:40歳代の女性

下図の例は、40歳代半ばの女性が大変疲れているので、「波動にかかりたい!」と来られました。自動測定で「気のとどこおり」をチェックしたところ、赤印の付いた棒グラフが、全体的に高めに振れていることが分かりました。
これは、東洋医学的に言えば「補と瀉」の関係から「エネルギー不足」になっていることが分かります。

波動健康法の体験事例:40歳代の女性

自動測定のあとは、自動的にハーモナイズ(波動調整)プログラムを見つけてくれるので、そのまま波動調整を50分行いました。

自動測定後の波動調整中!

波動健康法の体験事例:40歳代の女性

ハーモナイズ直後は、何も変化がなかったようでそのまま帰宅されました。
翌日、仕事の帰りにサロンに尋ねて来られるなり、「昨日の疲れがまったく嘘みたい!今日も仕事したけどこんなに元気!」といって喜んでおられました。

波動測定器「PS1000ポラー」は自動測定によって、誰でも簡単に「波動健康法」を体験できることはホントウに素晴らしいことです。 

体験例2:70歳代の女性

この方は70歳代前半の女性で、「数日前から、お腹のみぞおち辺りに鈍い痛みがある!」ということでした。自動測定の結果、下の写真で見られるように、右側に一つだけ飛びぬけて「気のとどこおりの深い」箇所があり、その近くにもう一つ高めがありました。

波動健康法の体験事例:70歳代の女性

そこで、自動設定された波動調整プログラムを50分間かけました。その翌日にも、約40分のハーモナイズを行なっています。その後は、お腹まわりの硬さや痛みも取れたとビックリしていました。

波動測定器が示した内容から、ストレスによる筋肉痛とコリ、それに病原体も見つかっています。波動調整プログラムは、組織の活性化のためのATP産生や、除菌と解毒プログラムが動いており、これらが効いたようです。

体験例3:中学生の女の子

波動健康法の体験事例:中学生の女の子

前日から、体がだるいといって学校を休んだそうで、お母さんが連れて来られました。本人も、いつもの元気はなく、風邪かも知れないといって、寝転がっていたようです。

そこで、自動診断にかけました。その結果、皮膚のアレルギーとインフルエンザ、ウィルスI全般と肺機能などに関連した、エネルギー不足が出ていました。

波動健康法の体験事例:中学生の女の子

波動調整を50分実施しました。その日の夜には、元気も少し出てきたようで翌朝は、いつものように登校したそうです。測定データでは風邪かも知れませんが、症状も軽くてすんでよかったです。

ご紹介した例でもお分かりのように、自動化され誰でも同じように使えるだけでも、
40年間にわたって培われたドイツ振動医学の「波動技術」水準の高さを示しています。

ただいま、自動測定中!! 心電図を測っているみたいでしょ!

 心電図自動測定中

レヨコンプシリーズの波動測定器は、データ処理とモーターの駆動に直流電源を使用しますが、波の出力口に電気は存在しません。自然界に存在する波動をキャッチして、それを周波数としてとらえるための電気はいりません。

電気を使うのは、データ処理とモーターの駆動に直流電源を使用するためだけに必要です。
人体に電気的な波動を送るわけでもないので副作用は一切ありません。

波動測定器「PS1000ポラー」は誰でも簡単に使用できる自動測定機能です。
ご興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

レヨコンプPS1000ポラーの販売

メーカー本体価格 3,510,000円(税込)
自動測定モジュール価格 844,560円(税込)

商品のご購入はこちらから

PS1000ご購入の方はこちらから

商品のお問い合わせはこちら

PS1000に関するお問い合わせはこちらから

不調の原因をより簡単に見つけ出す!波動データ活用ツール

レヨコンプPS10でも使える波動データ活用ツール!

波動測定器レヨコンプPS10と波動データ活用ツール

 

あらゆる不調の原因は、エネルギーの滞りが原因で発症しています。ドイツ振動医学でいうバイオレゾナンス実践機レヨコンプPS10やPS1000ポラーは波動測定器と呼ばれていますが、実際には「波動送波器」の働きをしています。

ノーベル賞を受賞したプランクの波動理論によれば、自然界のありとあらゆるものには、すべてそれぞれ固有の周波数をもったエネルギーが流れています。

この流れ(波動)の中から、バイオ・レゾナンス(生命・共鳴)の原理で、波動送波器の発する周波数に共鳴する周波数を見つけ出します。これが、バイオレゾナンス(生体共鳴=波動ケア)です。

波動測定器「レヨコンプPS10」

波動は五官では捕らえることができません。目に見えない波をとらえるには周波数という手段しかありません。

「気の滞り」を示す共鳴周波数は「エネルギーのブロック」として突き止められており、現在公開されているその数は、数1,000件にも及んでいます。

これらの周波数の内容をデータベースに取り込んで、すばやく突き止め、全身の波動のズレを見つけるために開発されたのが、「波動測定器レヨコンプPSシリーズのフル活用ツール」(別名「気穴漢健康法支援システム」、「kkkサポートシステム」)です。

レヨコンプPS1000でも活かせる!測定データ活用ツール

 

気穴漢健康法支援システム「KKKサポートシステム」

ドイツ振動医学の目的は、病気の治療ではありません。振動医学は波動的に人の身体に働きかけることで、その生命力を引き出し、整えていく新しいセラピーなのです。波動や気など「目に見えないエネルギー」を利用して、病を癒し、健康の維持管理を図ろうとするものです。

全身は数知れない多くの周波数のかたまりであり、同じ部位や器官でもひとつの周波数ではありません。周波数スペクトルで構成されています。このような中で、見つかった「気の滞り」の部位や器官を簡単に見つけることは容易なことではありません。

波動測定器レヨコンプPS1000ポラーのチャクラ

見えない有害な波動を突き止めたり、気の滞りのあることを調べるにはバイオレゾナンスの王道でもある「周波数レンジテスト」がおススメです。

レヨコンプPS10やPS1000は、約30~40分で周波数0.5刻みで200ポイントの測定チェックができます。

 PS1000ポラーの自動測定(STI)なら、約14分で波動チェックが完了し、最大68ケの共鳴周波数を優先順位で出力(表示)します。そのあとで、自動でハーモナイズプログラムを10個選択することができます。

この「周波数レンジテスト」で見つかった「共鳴周波数」の内容を「評価分析」できるのが「波動測定器レヨコンプPSシリーズのフル活用ツール」です。代表的なメニューと機能を簡単にご紹介します。

【ポイント1:複数の共鳴周波数で部位を特定する】

周波数のレンジテスト結果から、ハーモナイズを何回か行って、少なくなった共鳴周波数(10個以下)から原因の特定を行うのが一般的です。それでも、原因の絞込みには、時間がかかっています。

定期的(月に一度)に「周波数レンジテスト」を行うことで、共鳴周波数が20~30個と多くても、このツールを使用することで全身の「気の滞り」健康状態が絞りこんでいけます。ひとつの例ですが、以下で示すように、同じ部位「経絡」に複数の周波数がまたがっているところがポイントになります。

 

同じ部位に複数の共鳴があるところがポイント

【ポイント2:制御の流れから見る】

全身の臓器を波動的にコントロールしている制御図は、ライフパワーの主要な流れを示しています。メイン中枢である松果体、辺縁系中枢、視床下部や基底核などのきの滞り状態から、「精神と肉体をともに癒す」働きが見て取れるポイントです。

制御の流れから見るポイント

 

【ポイント3:背骨(脊柱)で見る】

背骨は全身の臓器と神経機能の伝達をする制御中枢を担っています。背骨の形状は堆骨(凸)と椎間板(凹)から構成されています。堆骨は基本周波数を5.0の倍数、椎間板は2.50の倍数となっています、制御図の上の3行には、2.50ずつ大きくなっていく周波数で示されています。

これから、分かるように脊堆の一定の部位とも相関していますが、堆骨は、制御図と相関性があり重要な中枢神経のコントロールを行っています。堆骨は全身の機能面(神経、睡眠、消化、心臓、知覚、聴覚など)。椎間板はメンタル面(創造性、やる気、言語、思考、感情など)をつかさどっています。

 

背骨(脊柱)で見るポイント

【ポイント4:全身のツボで見る】

全身の361 箇所のツボを対象にした「気の滞り」のある部位(赤印表示)が全14 経絡の経絡ごとにひと目で確認できます。14経絡のどの経絡に一番負担がかかっているかなど見つけることが簡単にできます。

 

全身の経絡図ツボで見る

また、「経絡・ツボの適応する症状と効能」画面(下図)を見ることで、鍼灸や整体、カイロプラクティック、さらには指圧、マッサージなどツボをもとにした治療の分野にも応用できます。

 

経絡とツボの内容を見るポイント

【ポイント5:6つの病因論で見る】

バイオレゾナンス手法は、全身の生体エネルギーの滞りを多面的に共鳴周波数でとらえますので、部分的な見方では全体的な健康状態や健康阻害要因をつかむことは容易ではありません。そこで、病因を代表的な6つに分けて一望できるようにしたのが下の画面です。

6つの病因論とは

①金属汚染...歯科治療、飲料水など
②潜在汚染...ウィルス、ダニ、寄生虫、細菌類など
③電磁波・ジオパックストレス...携帯・スマホ、無線、電化製品、高圧送電線などの電磁波ならびに地下の水脈・断層、広域碁盤目などの刺激波
④化学物質汚染...薬品、農薬、洗剤、殺虫剤など
⑤精神的ストレス...思い、からだの歪
⑥栄養バランス...酸とアルカリのバランス、活性化物質など

 

病因論で見る

【ポイント6:データ活用で見る-検索】

このツールの中で、もっとも最初に欲しかった機能が「周波数データ検索プログラム」です。何千件も存在する周波数の内容は、書籍やマニュアルにも説明されていますが、これらを参考にしても探す面倒さと時間でとても把握できるものではありません。

このツールを使用すると検索したすべての周波数情報が一発で表示されるので、逆に多すぎて何が何だか混乱することもありました。しかし、部位ごとの並べ替えなどで整理してみると、逆に「ブロックされている箇所」が読み取れるようになり、現在ではこの検索機能は欠かせません。

検索に加えて、特定の周波数を選択して、独自に症状に適応する周波数をまとめ保存することもできるようにしています。

 

周波数データ検索プログラム

 

【ポイント6:データ活用で見る-比較】

「周波数のレンジテスト」で定期的に気の滞りを測定して、健康状態の確認を行うと前回と今回の測定でどこが違っているか、どこに同じブロックがあるのかが知りたくなります。特に同じ部位やツボがあるとそこが、「波動調整」や「原因の究明」の対象に上げられます。この場合は、他に複数の共鳴周波数があっても、真っ先に取り組むポイントになります。

 

データの前回と今回の比較

このデータ比較は、たとえば「肩コリ」と「肩の痛み」とか、例がよくないかも知れませんが「高血圧」と「低血圧」の周波数の比較など、症状によっては同じツボや部位が発見できることも多くありますので、比較の対象データを関連づけてみるときは。思いがけない知見が得られることもあり、役立つ機能です。

波動周波数の150%活用ツール!

ドイツの振動医学で用いるバイオレゾナンス器「波動測定器レヨコンプ」は、生体エネルギー(気)を周波数値(0~100ヘルツ)で表現できるのが特徴です。同じツボを診ても、体に触れることなく測定値(周波数の数値)で扱えます。

  • 「ツボ」や「周波数」、「ツボの効果効能」を自由に検索、選択(絞り込み)ができるので、独自の「症状別のパラメーターリスト」が作成できます。
     
  • 被験者の履歴が保存できるので、データ管理が簡単です。
     
  • 被験者の前回データと今回データを比較できます。2つのデータ比較で「一致、不一致」が直ぐに分かるりますので、対処方法や新たな知見が得られたりして便利です。
     
  • 任意のキーワードで抽出したデータや、自分で測定した周波数データなど個別に登録できます。データ加工(組み合せや選択)が便利です。
     
  • 鍼灸や整体など資格がない方でも、ツボの専門家の知識が簡単に流用できます。波動の知識とあわせ、「見える化」(ビジュアル化)できます。専門の治療家から素人でこれから、事業を始められる方にもおススメできるシステムです。

 

東洋医学をコラボレーションした総合管理ツールとしてご利用になれます。システムの導入までの流れについてはこちらの「世界初!からだのツボと波動周波数データ活用ツール!」をご欄ください。

 

KKKサポートシステム起動メニュー

ご関心のある方は、こちらの 鍼灸ツボと波動のコラボ ! 
世界初! パソコンでデータ活用!
もご覧ください。

 

気穴漢健康法データ活用ツール(問い合わせ)はこちらから

お問い合わせはこちら

 

 
取扱い商品はこちら