ホーム>水素水を効率的に摂取する秘訣
コンテンツ

水素水を効率的に摂取する秘訣

水素水を飲む女性

悪性新生物(癌)や生活習慣病など、医療の観点から注目されている水素水。中には、水素水のウォーターサーバーを導入しようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。そんな水素水を効率的に摂取するには、様々なポイントがあります。

 常温で飲む

夏の暑い日にはついつい氷を入れたり、冷やしたりして飲んでしまいがちですが、水素水は常温で飲むことが大切です。冷たい水を一度にたくさん飲んでしまうと体を冷やしてしまうことになり、体のあらゆる部分に悪影響を及ぼしてしまうのです。

また、水素水は温めても抗酸化作用は減少しませんが、高温に弱いという弱点があるため、電気ケトルや鍋に移して直接沸騰させるのは止めましょう。高温で熱してしまうと水素が逃げてしまうので、沸騰はさせず40度を目安に温めることをおすすめします。

こまめに飲む

水素水は一気に飲むのではなく、こまめに飲むようにしましょう。飲むタイミングは運動後や就寝前など自分の好きなタイミングで飲んでもいいのですが、朝起きてすぐに飲むのがおすすめです。

朝起きてすぐの状態は、最も体の水分が減っており、水分を欲している状態です。そのため、水素水が体へ浸透しやすくなるのです。また、活性酸素が大量に発生する飲酒・喫煙時や汗をかいた入浴後など、体の水分量が減っている時に飲むように意識しましょう。

毎日飲み続けることが大切

水素水飲み続けると良い

水素水は1日500mlを目安として、毎日飲み続けましょう。
 毎日飲み続けることによって、健康を維持することができます。500mlというとコップ2杯から3杯程度なので、続けやすいのではないでしょうか。

また、水素水は薬やサプリメントと違って副作用などがなく安心して飲むことができるため、家族みんなで水素水に切り替えることができます。


お茶やコーヒー、乳酸飲料など他の飲み物と混ぜて飲むこともできますし、料理にも利用することができるので、飽きずに飲み続けることができます。
 

BLHでは、高濃度水素ガスを含む水素水が飲める水素生成器「マリアージュ」を販売しています。個人やご家庭向けには、水素吸入と水素水が飲める一台2役の便利な「ルルドハイドロフィクス」も販売しています。

ご家庭用にはもちろん、医療機関、会社・職場、公共施設、グループ組織などに水素生成器を導入したいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

また、水素生成器の他にも波動測定器、電磁波測定器、遠赤外線温熱治療器などの健康関連商品を販売していますので、そちらも併せてご覧下さい。体験してみたい方は、BLH健康サロンにご相談ください。

ホーム» 水素水を効率的に摂取する秘訣

▲このページの先頭へ

BLHトピック

体が「サビる」ってどういうこと?

ケトン食とは?

老化の進行を遅らせるためには?

水素が体に良いと言われる理由

 

取扱い商品はこちら