ホーム>BLHブログ>免疫栄養ケトン食のがん治療効果をヤフーニュースで掲載!
BLHブログ

がん治療で注目の「ケトン食療法」その改善例!

ヤフーニュースは、NEWS ポストセブン 11/27(日) 配信をもとに、新書「ケトン食ががんを消す」の内容の一部を以下のように伝えていますのでご紹介します。

 

ヤフーニュース掲載「がん治療注目「ケトン食療法」その改善例.jpg

がん治療目的のケトン食のストイックさ!

ご飯一膳(160グラム)で約60グラムの糖質摂取量なので、3分の1膳以下。それ以上の糖質は摂れない。 では、ケトン食療法でどのような改善例があったのか見ていこう。60歳のA子さんは末期がんを根治したケースだ。

 2012年4月、直腸がんの切除手術を受けたA子さんは術後ステージIII、再発可能性は20%と診断され、2014年12月に多発性肺転移と肝転移が発覚した。 その後、古川氏の研究に参加し、抗がん剤とケトン食療法を始めたところ、3か月後に肺に転移したがん細胞が縮小した。手術が可能なサイズまで小さくなったため、2015年4月に左肺の部分切除手術を行なった。古川氏が言う。

「手術後、これまでの抗がん剤治療は行なわず、ケトン食療法のみを継続したところ、肝臓に転移していた腫瘍も小さくなりました。同年9月にその腫瘍の切除手術を行ない完治に至りました。A子さんのケースはがん細胞の増殖を抑えただけでなく、多発転移まで防いだ。栄養源を失ったがん細胞は移動もできなくなるようです」

ヤフーニュースの詳しい内容は、こちらからご覧になれます。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blh.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37

取扱い商品はこちら