ホーム>BLHブログ>2018年10月

2018年10月

瞬時に波動分析!AllOne-275による驚きの体験!

身近になった量子波動器!

これまでは、一般人にはほど遠かった量子波動器がここ数年で身近になってきました。数百万円もする「メタトロン」や「ニュースキャン」などは、自由診療のクリニックや治療院など専門家に限られていました。

ここ、2,3年で脚光を浴びてきた量子波動分析調整器「オールワン275」は、従来のデスク設置型から超小型化され、いつでもどこでも使える移動型、万人が片時も放さない「スマホ(iPhone)やiPad」で扱える汎用性の高い量子波動器です。

体調に自信のない方、日ごろ元気な方でも健康不安をお持ちの方、自分自身で「病院並み?」否それ以上に詳しく自分や家族の健康状態をわかりやすく画像でいつでもどこでも知ることができる「大人のオモチャ」としたら、凄いと思いませんか?

AllOne-275の荷姿

オールワン275が届いて先ずびっくり!梱包を開けると小さい玉手箱みたいな箱だけ、箱を開けるとAllOne-275が分厚い柔らかな座布団のようなものに腕時計のようにバンドで装着されて収まっていました。

中身は、AllOne-275本体と充電用USBケーブルとQRコードだけ。エェ~ッ!たったこれだけ!?。

操作説明書や仕様書みたいなものは一切ありません。量子波動を扱う波動システムが、これだけで使えるのだろうかと一瞬不安になってしまいました。

販売元に確認すると、メールで波動調整やシステムの原理説明などの資料が添付され、電話でも納得のいく説明があり、親切な応対を受けることができて一安心です。

 

AllOne275MEの入荷時の画像

O1-275のセットアップ

O1-275MEアプリアイコン

Apple社が提供するアプリ(スマホiPhone又はタブレットiPad)と連動(Blue tooth)させて使用します。
App Storeでアプリケーションをインストールするとセットアップ準備は終わりです。

O1-275MEで検索すると、図のようなアイコンが表示されます。

アプリのサイズは、1.6GBの大容量のため当然のことですがWiFiでダウンロードします。

iPad(iPhone)とALLONEのマッチングをするためにALLONE本体のQRコードを所有者のQRコードをiPhoneの内臓カメラでスキャンします。所有者名、メールアドレスやパスワードを入力すれば登録完了すればログインができます。
 

【注意】O1-275MEによる波動分析や波動調整は、医療機関で行う健康診断や治療などのような治療行為ではありません。全身の細胞ごとに健康時の周波数(波動)は固有のものがあり、決まっています。O1-275MEは、その固有の細胞の周波数と測定時の周波数のズレを評価して調整する量子波動器です。

 

O1-275の起動画面とメニュー

O1-275を起動すると、メニュー選択画面が表示されます。メニューには、登録済み、設定、機能メニュー、ペアリング済みが表示されます。

起動画面とメニュー

ご関心のある方は、こちら「BLH健康サロン」までお問い合わせください。

たった5秒で波動分析

からだの細胞274種の全周波数54,000個をたった5秒でスキャンして、12臓器の各臓器ごとの陰陽バランス「十二正絡エネルギーバランス」を読み取ります。下図の左画像の最下段に「5」が表示されています。

5秒で分析データ収集画像

5秒からカウントダウンして「0」になったら、中央の画像に示すように「測定中」が表示されます。この間、腕に付けたO1-275が肌に密着していれば測定が続けられます。5秒後、測定完了すると右図のようにからだ全体の臓器が、今どういう状態か(左側:虚・陰「冷え」、右側:実・陽「炎症」の傾向)を表示しています。

取扱い商品はこちら