ホーム>BLHブログ

BLHブログ

日本初!糖質制限食と化学療法の併用!がん治療臨床研究!

2015年10月、第53回日本癌治療学会学術集会(京都)で、弊社のアドバイザーである医師が日本初の糖質制限食によるがん治療に関する報告など3件の発表を行いました。
その一つ、「ステージⅣの乳癌術後再発に対し、糖質制限食と化学療法を併用してQOLの改善」症例の抄録をご紹介します。 糖質制限がん免疫栄養療法にご関心のある方はご参考にされてください。

第53回日本癌治療学会総会発表-抄録

乳癌術後再発に対しタンパク質を強化した糖質制限食と化学療法を併用しQOLが改善した1例

近年、欧米ではケトン食をがん治療に併用する臨床試験が開始され、糖質制限が乳がん術後の再発リスクを下げる報告もある。また、がん治療の進歩により、がん患者の生存期間は少しずつではあるが改善しつつあるが、ひとたび転移すると完全治癒を望むことは依然として困難であり、化学療法や放射線療法を受けながら生活し、時間とともにQOLは低下しているのが現状である。

今回、我々は、乳がん術後再発の患者に対し、タンパク質を体重当たり2gの摂取と1日15gの糖質制限食と抗癌剤を併用し、QOLが改善し、皮膚転移がPRとなった症例を経験したため、報告する。

症例は、70歳女性。2007年8月に右乳がんに対し、乳房全摘術施行し、StageⅡB、ER(+)PGR(+)Her2(-)のため、術後放射線治療とホルモン療法を施行。その後、局所再発あり2009年5月に局所切除術施行。術後は、ホルモン療法を施行。

しかし、2010年5月に再々発あり、局所切除術施行。その後、種類をかえてホルモン療法を継続したが、左乳癌のため、2013年11月、乳房全摘術施行。StageⅢCのため、術後、FEC療法、2014年3月から、Abraxaneを施行したが、8月のCT、骨シンチで、胸骨・肋骨転移、胸膜転移、皮膚転移を認めた。

9月よりEribulinを開始。第1回目のEribulin投与後は、EORTC QLQ-C30スコアは79点で、化学療法後の全身倦怠感が著明であったが、第2回目の途中から糖質制限食を開始し、スコアは63点となり、第3回目からは前回から糖質制限食を継続し、スコアは53点と著明な改善を認め、右肺転移の縮小、全身倦怠感と右前胸部の皮膚転移も肉眼的に改善傾向にあった。

乳癌の術後7年の間に再発を繰り返したが、糖質制限食を導入後の入院時、尿検査で、ケトン体3+、血中総ケトン体量最高1228μmol/lと著明なケトーシスを認めたが、6か月継続し、QOLの明らかな改善とがんの縮小を認めた本邦初の症例であるため、海外文献による考察を含め、報告する。

 

「薬事法」から「薬機法へ改正

変更点や内容

そもそも、現行の薬事法が施行されたのが、1960年(昭和35年)のことです。ちなみに薬事法は、日本国における「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器」に関する法律です。

薬機法では、これまで以上に安全対策を強化する一方で、再生医療等製品の実用化を促進するため、その特性を踏まえた審査制度を新設しています。

この平成26年(2014年)11月25日改正された薬機法は、通称「医薬品、医療機器等の品質、 有効性及び安全性の確保等に関する法律」です。「医薬品医療機器等法」と略されることもありますが、いずれにしても長いので、「薬機法」という略称で呼称されています。

これまで医薬品や医療機器を製造販売する際の添付資料については、特に決まり事やフォーマットがなかったこともたびたび問題視されてきました。つまり、それについての行政の事前チェックなども必要なく、添付さえされていれば良いとされていました。

しかし、改正後は、事前に行政に提出することが義務付けられています。医薬品以外も扱うことを明確にするため、法律の名称も旧薬事法から大きく変わったということになります。

 

「次世代の水素療法」セミナーが開催されました

2015年8月9日(日)、神戸にて「次世代の水素療法」セミナーが開かれ、がん治療で水素療法を導入して、臨床現場で経験豊富な先生をお招きして「水素の基礎知識」、「水素の人体における効果」、「質疑応答」などが行なわれた。専門医による医学的なエビンデンスに基づく「水素の効果」の説明会は全国的にも珍しい。

次世代の水素セミナー「2015in兵庫」.jpg

ご挨拶をされるフレンドグループの代表「橋本会長」(最前列左2人目)

司会は、宮永さん。(前列左端)

 

講師「弊社専任アドバイザー古川健司医師」は、準備中!

当日は、スイソニアの代理店はじめ、ユーザーの方々が受講された。

 

神戸のロープウェイからの展望!

新神戸駅で乗り換えするたびに、プラットホームの窓越しに頭上を行き来する天空のロープウェイを見ていました。一度乗ってみたいと思っていたことが、遂に実現しました。

セミナーが終わっての帰りまでの時間を利用して、ロープウェイに乗ってきました。

神戸のロープウェイからの展望.jpg

 

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

がん患者における遠赤外線足温器の効果と有用性

2015年5月31日、第15回日本抗加齢医学会総会(福岡)で、弊社が応援するがん専門の医師がフジカ スマーティレッグホット(脚温器)のがん治療における成果を発表しました。

第15回日本抗加齢医学会総会発表-抄録

がん患者における遠赤外線足温器の効果と有用性の検討

医療法人 輝鳳会 池袋クリニック
古川 健司、車田尚美、甲 陽平

 

(目的)
遠赤外線足温器(フジカ製のスマーティ・レッグホットLH-2)は、従来の足浴と異なり、お湯を使用しないためクリニックなどの不特定多数の患者に使用する場合、衛生面の管理が比較的簡便であるといったメリットがある。また、安価であるため、家庭用の健康器具としても普及している。

(方法)
今回、我々は当院で治療中のがん患者13人に、LH-2を39℃で15分間加温し、終了15分後の深部体温(腋下体温)、血圧、脈拍の変化をまとめ、健常人(クリニックのスタッフ10名)をコントロール群として、比較検討を行った。
また、高活性NK細胞療法を受けている患者10 名に関しては、NK細胞数の培養の増加率を調べた。

(結果)
がん患者は、担癌患者と非担癌患者に分類し、担癌患者はリンパ節の走行を考慮し、骨盤内腫瘍と骨盤外腫瘍でさらに分けた。コントロール群は、前後で平均深部体温が+0.42℃、骨盤内腫瘍のある担癌患者は、+0.09℃、骨盤外腫瘍のある担癌患者は+0.04℃、非担癌患者は+0.5℃の上昇を認めた。

血圧、脈拍、に関しては、いずれの群でも有意な変化を認めなかった。また、NK細胞の増加率は、担癌患者で、平均218倍で、非担癌患者で、平均183倍、明らかな差を認めなかった。
LH-2は、15分の短時間で平均体温(深部温)が非担癌患者で、平均+0.5℃程度上昇し、担癌患者では、+0.1℃も上がらず、非担癌患者では、深部体温上昇が健常人と同等となっていることが確認できたが、一般的には、深部温+0.5℃の上昇は、42℃の入浴10分間に相当する。

(結語)
しかし、入浴などの全身浴は比較的消費カロリーが多く循環動態に変化を与えるが、LH-2は、比較的体力の低下したがん患者にとって、中枢の循環動態に負担を与えず効果的に深部温が上げられるため、安全な加温方法であることが示唆されたが、担癌患者の代謝改善の方法や免疫治療においての併用の有効性は、今後の症例の積み重ねが必要と思われた。

市場規模が1兆2000億円と言われる健康食品業界!

2015年4月1日からその表示の在り方が変わります。これまで禁じられていた「体にどう機能するのか」の表示が、一定の科学的根拠がある製品には、企業の責任で認められるようになった。

取扱い商品はこちら